カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME パターン ボトムス > ラップフレアスカート(裏地つき)
ラップフレアスカート(裏地つき)

ラップフレアスカート(裏地つき)

本体価格:1,300yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売ではありません。
 パターンと作り方テキストのセットになります。

サイズ  
【レディースS】1300 yen
【レディースM】1300 yen
【レディースL】1300 yen
【レディースLL】1300 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加


#総裏地付き  #本格仕様
#動きのあるラップ風スカート
#ふんわり揺れる裾
#フォーマルにもカジュアルにも
#生地を変えるとがらりと変わる印象

   


表地 裏地
105cm幅 125cm幅 105cm幅
S 1.9m 1.6m 1.3m
M 2m 1.7m 1.3m
L ※2m 1.8m 1.3m
LL ※2m 1.8m 1.4m

※は横地で裁断した場合の参考用尺です。


パターン制作時の用尺はあくまで参考となります。
生地はそれぞれ縮率(水通しした時にどれくらい縮むか)が異なるので、縮率によっては参考用尺よりも多く必要になる場合があります。
地直し時の縮みを考慮して、余裕をもった長さを用意すると安心です。


 

*布帛用接着芯(薄地) 生地幅110cm … 約20cm

*接着テープ(平織り) 0.9~1cm幅
… 約50cm (布帛用接着芯<薄地>でも可)

*コンシールファスナー 全長25cmくらい … 1本

*ボタン(直径1.5cm~2cm) … 1個

   

表地 … [コットン][リネン]など薄地~中厚地の布帛生地
裏地 … [コットン]など薄地の布帛生地

   
   


深いタックによる、動きのあるラップ風デザイン

サイドに深めのタックを取った、ラップ風のデザイン。
歩くたびふんわりと揺れる、女性らしいシルエットです。

フレアシルエットでゆとりのある裾まわりと、
タックの奥にあるスリットづかいで動きやすい1着に。
タックで重なっているように見えるラップ“風”なので、
活動的な場所でも、前がはだけてしまう心配はありません。

ファスナーあきの仕様で、ウエストはすっきり、もたつきません。
お腹まわりがすっとしているので、インスタイルの着こなしも綺麗に完成します。

露出を控えめにしたロング丈は上品な雰囲気を演出できて、
どんなトップスにも合わせやすいので、クローゼットに1着は欲しいアイテムですね。


裏地つきなので、薄地の生地でも安心して着ることができます。
裏地なしの作り方も説明しているので、
めんどくさがり屋さんやペチコート派の方、生地の厚さなどに合わせて、
お好みで制作するのも可能。
シンプルなデザインは着まわしやすく、
フォーマルにもカジュアルにもコーディネートできるのもうれしい!
いろいろな場所に対応できる優秀パターンです。


Mサイズ
表地:ヴィンテージフィールフラワー【ベージュ】
モデル身長:158cm

   
   

ボタンをつけるときに、ボタン位置をすこし脇線側にすると、若干ですが、ウエストサイズを小さく調節できます。

   

Lサイズ
表地:フランス原産 ピュアリネン【チェリーピンク】
裏地:60ローンコットン【ストーンベージュ】

 
 
Sサイズ
表地:あじさい2号【ブルー】

モデル身長:163cm
 
 
Sサイズ
表地:ストレッチポプリン【ネイビー】
(丈を5cm長くアレンジしています)

トップスパターン:【チャレンジ】No.59 ビッグボートネックTシャツ/36サイズ
モデル身長:163cm
 
 

動くたびに揺れる裾


トップスをインすると、コンパクトにまとまり、バランスよく着ることができます。
トップスを出すと、リラックスしたナチュラルな雰囲気を楽しめます。
パンプスやスニーカーなど、さまざまな足元のアレンジスタイルを試してみるのも◎。

きれいなAラインシルエットを活かして、
コンパクトなトップスと合わせたコーディネートを。
ウエストがスッキリきれいに見えます。

ロングカーディガンやボリュームトップスと合わせてもさまになります。
もちろん、スウェットやTシャツなどと合わせてカジュアルな着こなしもよいですね。

ブラウスなどと同じ生地でつくって、セットアップを楽しむのもおすすめです。
スカートは裏地つきなので、薄い生地でも安心です。


Lサイズ
表地:フランス原産 ピュアリネン【チェリーピンク】

トップスパターン:ジップアップパーカー/ショート丈(リブあり)/Mサイズ
モデル身長:163cm

   
   

着るシーンで選ぶ生地


コットンやリネンの明るいカラーや小花柄を選べば、カジュアルスタイルに。
ポプリンなど合繊の生地でフォーマルに。

幅広いコーディネートをお楽しみいただけます。

   
   

難しいと思いがちなコンシールファスナー


コンシールファスナーか…
縫うの苦手…

そんな声をよく耳にします。

でも大丈夫。
コンシールファスナーを付けるときは、
ミシンの押さえ金をコンシールファスナー用にするとスムーズに縫うことができます。

きれいにファスナーをつけることができるので、ぜひ試してみてくださいね。。


Sサイズ
表地:ストレッチポプリン【ブラック】

トップスパターン:【チャレンジ】No.46 Vネックブラウス【2】/36サイズ
モデル身長:158cm
   
   
Sサイズ
表地:あじさい2号【ブルー】
   
   
Mサイズ
表地:リネン reve -レーヴ- (中薄地)【A】グリペルル -Gris perle-

トップスパターン:【チャレンジ】No.59 ビッグボートネックTシャツ/38サイズ
モデル身長:158cm
   
   
Sサイズ
表地:ストレッチポプリン【ネイビー】
(丈を5cm長くアレンジしています)
モデル身長:163cm
   
   
 
   

ウエスト ヒップ スカート丈
S 68 102 72
M 71 105 73.5
L 75 109.5

75

LL 79

114

76.5
 
 
   

裏地付きの本格派。 早速作ってみました。

コンシールファスナーや裏地があるので手間はかかりますが
その分できあがった時の達成感は十分あります。

普段、ロングスカートはあまり履かないのですがこのスカートは気に入りました。

シルエットがとてもきれい。
前脇にスリットがあるので足さばきも問題なし。

わたしは身長158cm ごくごく普通の日本人体型。
普段はSかMで悩むことが多いです。

今回のこのスカートはSサイズがぴったりでした。
ウエストはボタン位置で調整できるので
ヒップサイズを基準に選ぶと間違いないと思います。

スタッフの試着レポートも下部↓に掲載していますので
サイズ選びの参考にしてみてくださいね。

生地はフレアがきれいに出るように薄手でしなやかな生地を選ぶといいです。
裏地つきなので、薄地タイプでも大丈夫。というか薄地タイプを選ぶといいです。

「今週のRick Rack」の【使ってみました】コーナーで
『ラップフレアスカート(裏地つき)』をつくった工程レポートも記載しています。


   

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

   

Rick Rack スタッフたちがサンプルを試着した感想をご紹介していきます。
腕の長さやバストサイズなど同じ身長でも体型の違いはあるので、
誰もが同じ感覚ではないとは思いますがサイズ選びのひとつの参考にしてみてくださいね。

   

■スタッフK

わたしは、身長170cm、太ってはいませんが骨太でしっかり肉もついています。
悲しいかな、特に下半身は太めです。
いつもはLサイズを選びます。
背が高いので袖丈や着丈などは少し長くすることが多いです。

今回はLサイズとMサイズを着てみました。

まずはLサイズ
おなかはペタンコなのでウエストはかなり余裕がありました。
(残念ながら胸もペタンコです。。。)
フレアなので、ヒップも問題ありません。
あれ?もしかして、これならMサイズでいけるかも!
なんてちょっとウキウキしながら次はMサイズにチャレンジ。
ウエストもヒップも問題なく入りました!

ん?
でもなんか、
なんか違うかも。

お尻というか腰が張っているのが強調されているような。。。

   

フレアなのでヒップがきついということはないのですが、Lサイズの方がシルエットがきれいなラインになっている気がします。
やはり、Lサイズのお尻にはLサイズのフレアが合っているということですね。

他のスタッフにも見てもらいましたが、「Lサイズの方がいい」という結論でした。

ウエストはボタンの位置を調整すればちょうどいい具合に着れそうです。

身長が170cmなので丈は10cmくらい長くしてもいいかなと思いますが、ブーツと合わせるなら、パターン通りの長さでもいいかもしれません。 女性らしいきれいなラインのスカートなので、
ちょっとおしゃれしてお出かけしたくなっちゃいました。

きれいな色みのリネンで作りたいなぁと思っています。

   
   

■スタッフF
身長160cm、骨太筋肉質のガッチリ体型です。
肩幅もあり、ももが太めなのが悩みです。
サイズ的にはM寄りなLサイズといったところで普段はトップスはMサイズ、ボトムスはLサイズを選ぶことが多いです。

今回はMサイズ、Lサイズを試着してみました。

   
まずLサイズを履いてみました。
ウエストはかなりの余裕で、腰でとまるかんじ。
ボタンの位置を変えてウエスト調節をしたくなりました。
フレアはきれいなラインがでていて、スカート丈もちょうど良いです。
   

次にMサイズ
ウエストはジャストサイズでお尻もすんなり入りますが
腰が張っているせいかフレアが横に広がっているように見えます。
スカート丈もふくらはぎのちょうど真ん中くらいで、
Lサイズよりも太って見えるように感じました。

自分が作るならLサイズでウエストのボタンを調節するのがベストかなぁと思いました。