カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME パターン ボトムス > イージークロップドパンツ
イージークロップドパンツ

イージークロップドパンツ

本体価格:800yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売ではありません。
 パターンと作り方テキストのセットになります。

サイズ  
【レディースS~M】800 yen
【レディースM~L】800 yen
【レディースL~LL】800 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加


ほっそりシルエットの簡単パンツ


110cm幅
S~M 1.5m
M~L 2m
L~LL 2m

*布帛用接着芯(薄地) … 4cm×5cm
*ウエスト用ゴム(2cm幅位) … ウエスト寸法
*ウエスト用ひも(5mm幅位) … ウエスト寸法+60~70cm


  [コットン][リネン]など中厚地程度の布帛生地

M~Lサイズ
生地:中厚地のコーデュロイ生地
トップスパターン:七分袖のドルマンニット
モデル身長:163cm
 
   

パーツが少ない! 裁断も簡単!


ファスナーやポケットがないので縫うのも簡単。

とにかく簡単につくれるので、シンプルな無地、かわいいチェックなど
生地違いで何枚もつくりたくなるパンツです。

M~Lサイズ
生地:中厚地のリネン生地
トップスパターン:キーネックワンピース&チュニック
モデル身長:163cm

   
   
こだわりのシルエット

ウエストはゴム仕様なので、ウエストからヒップのゆとりはたっぷりめ。
特にこだわったのは腰から下のシルエット。

ひざ下がすっきりと細く見えるラインを追及しました。

足がきれいに見える、うれしいパンツです。

M~Lサイズ
モデル身長:157cm

 
   
 

1枚ではなく重ね着で

こちらのパンツは、1枚ではなく重ね着用としてつくりました。

お尻をすっぽり隠してくれるチュニックや、着丈が長めのブラウス、
そしてワンピースなど、ウエストが隠れるアイテムとのコーディネートがおすすめ。

『ドルマンチュニック』 『フェアリーチュニック』 『うしろリボンのチュニック』
『シャルマンブラウス』 『リリーブラウス』 『パーカープルオーバー』 『チュニックワンピース』『バックボタンワンピース』 などなど、いろんなアイテムと相性抜群です。

 

M~Lサイズ
生地:中厚地のデニム生地
ワンピースパターン:タブリエ/レディースS~Lサイズ
モデル身長:163cm

   
   

きちんと見える

重ね着にはレギンス、という方も多いと思います。

でも、ニットのレギンスはカジュアルなイメージが強く、
ちょっとあらたまった席ではきちんと感にかけてしまいます。

でも、この『イージークロップドパンツ』なら大丈夫。

かっちりした生地でつくり、ジャケットとブラウスを合わせたら、きちんと感のあるフォーマル仕様に。

M~Lサイズ
生地:アンティークフラワー【ブルーグレー】
モデル身長:163cm

   
   
重要なサイズ選び

サイズ展開は、S~M、M~L、L~LLの3サイズ。

ウエストまわりは重ね着で隠れてしまうので、ひざ下のラインを基準にするのがいいかなと思います。
普段Mサイズを着ている方でしたら S~Mだとぴったりめ、M~Lだとほどよいゆとりがありますが、すっきりラインはそのままに。

また、基本は布帛での制作となりますが、ニット生地での制作も可能です。
ニット生地で制作の場合、生地のテンションにより出来あがりの着心地が布帛で制作した場合よりも大きく感じます。

→サンプルの『ふわっとボーダー起毛』は、ちゃんと伸びて、しっかり戻るので、いつものサイズで制作できます。

お好みのシルエットをお選びくださいね。

 

 

M~Lサイズ
生地:起毛ニット生地
トップスパターン:ニットカーディガン/レディースMサイズ
モデル身長:163cm

   
   
ウエストはゴム+ひも

ウエストのゴムは少しゆったりめにしておくとはくとき、脱ぐときに窮屈感がありません。
ゴムがゆるくても、ひもをしっかり結んでおけばずり落ちる心配はないのでウエストはゴムとひも、両方入れておきましょう。

M~Lサイズ
生地:アンティークフラワー【ブルーグレー】
 
 
   
M~Lサイズ
生地:中厚地のコーデュロイ生地
ワンピースパターン:チュニックワンピース/
レディースMサイズ/タックタイプ
モデル身長:163cm
   
   

家庭用ミシンでもOK

ロックミシンはもちろんですが、家庭用のミシンだけで制作することができます。
また、つくり方テキストは、生地の裁断~完成までを写真入りで詳しく紹介。
これなら全くの初心者さんでも安心して取り組むことができます。

ホントにわたしにもできるかしら?と、それでも不安な方に吉報。
Rick Rackでは、フリーダイヤルでソーイングスタッフがあなたをサポート。

つまずいてしまった時には、お気軽にお電話ください。
完成まで親切・丁寧にスタッフがサポートいたします。

M~Lサイズ
生地:麻デニムチェック ミニ
モデル身長:158cm

   
   
ヒップ パンツ丈
S~M 94 73.5
M~L 97 75
L~LL 101 77


   
   
   

Rick RackソーイングアレンジBOOKにもクロップドパンツが紹介されているようですが、
同じ型紙ですか?

同じ型紙だったら、パターンは買わないで本を買おうと思います。


『Rick RackソーイングアレンジBOOK』でご紹介しているクロップドパンツは
ファスナーあきがついた本格的なパンツになり、こちらのパンツとは違うデザインになります。

ネーミングが似ているので、混乱させてしまい申し訳ありません。

この本の付録パターンはすべてそのために、新しく制作したものです。

『ボートネックTシャツ』などもこの本の中でご紹介していますが、
それも現在販売中のボートネックとはシルエットなどが違う別の物になっています。

 
 

ニット生地でもつくれますか?

クロップドパンツはニット生地でも制作することは可能です。

ただし、きちんと感は薄れると思います。
お家で着ていただくリラックスウェア的なイメージでしたら、いいかなと思います。

 
   

『七分丈パンツ』と、 こちらの『イージークロップドパンツ』はどんな違いがありますか?

『七分丈パンツ』とのいちばん大きな違いはシルエットです。

『クロップドパンツ』は『七分丈パンツ』と同じく、ウエストはゴム仕様なので、
簡単につくれることや着心地が楽なことは似ていますが、全体のシルエットがまったく違います。

チュニックやワンピースを重ねて、隠れてしまう部分にはゆとりを入れていますが、太ももから膝下にかけては、細く絞ったシルエットになっています。

ですので、着用したときには下半身がほっそりと見えるのが特徴です。

パンツだけのシルエットではなく、全体のシルエットを長方形に見せたいか?下半身を小さく見せたいか?などお好みで、パターンを使い分けていただくといいと思います。

   
   

ふだんMサイズを履いている場合、S~MとM~Lのどちらのサイズがいいでしょうか?
参考までに、画像のモデルさんの身長を教えていただきたいです。


まず、モデルの身長は157cmです。

Rick Rackスタッフがモデルになっているのですが、体型としては少し細めのMサイズという感じに見えます。
ふんわりしたトップスを着ているので分かりにくいかもしれませんが、実際の彼女は標準のMサイズより、
ちょっと細いとわたしは思います。(体重は非公開!とのことですが)

そして、モデルが着用しているパンツはM~Lサイズです。
実際に着ている感じはとくにダボダボした風には見えません。

なお、わたしも同じくらいの身長158cm。
標準的なMサイズ体型です。

モデルとは年齢差が大きくあるので、体型は違うと思いますが、このパンツS~Mサイズをはいた場合、はけないことはないけれど若干窮屈な感じがします。

M~Lの場合だとゆとりをもってはけるけどダブダブではないので、膝下はすっきりした感じになります。

ストレッチ入りの生地などで制作した場合には、S~Mサイズでもいいかなと思いますが、どちらか片方のサイズを選ぶとしたら、M~Lサイズを選びます。

M~Lサイズだと、ウエストまわりやヒップに若干ゆとりがでますが1枚ではくパンツではないと思うと、見える部分のシルエットはきれいでなおかつ、リラックスしてはけるサイズをわたしは選びます。
(でも、ウエストはゴムなので、いつもこんな楽ちんのパンツをはいていたらどんどん太りそうでちょっと心配でもあります・・・。)

M~Lサイズ着用
生地 :コットン
モデル身長:157cm

   
   

ファスナーなどのあきがないとのことですが、はいたり、脱いだりするとき窮屈ではないですか?

モデルさん着用をみるととてもきれいなシルエットに見えるのですがウエストがゴムなので、実際はもたつきませんか?

ウエストやヒップは隠れてしまうことを前提にたっぷりめにゆとりを入れています。

ご自分のサイズにあっていれば着たり、脱いだりするときに窮屈なことはないと思います。
逆に考えると、その分ゆとりがあるので、ウエストやヒップはゆったりめになっています。

ウエストゴムをゆったりに入れて、着たり脱いだりする時に窮屈にならないようにしていますが
普段のときには、ウエストひもをしっかり結んでおかないとずり落ちた感じがします。

少し手間がかかりますが、ウエストにはゴムとひもの両方を入れておくほうがいいと思います。

   
   

クロップドパンツに使うウエストひもは手持ちのものでも代用できますか?

お手元にあるひもでももちろん代用可能です。
Rick Rackでご紹介しているのは、丸紐ではなく平紐になります。

丸よりも、平たいほうがごろつきは少ないので、パンツ類のウエストひもには丸紐よりも使い勝手がいいということで合わせてご紹介していますが、お手持ちのもので、使えるものがあればそれを有効に利用してみてください。

ただ、ポリエステルなどのひもは滑りやすい為、ウエストひもには不向きです。

すべりにくいコットンやリネンの素材がおすすめです。