カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME パターン レディース > ノーカラーコート(裏地つき)
ノーカラーコート(裏地つき)

ノーカラーコート(裏地つき)

本体価格:1,900yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売ではありません。
 パターンと作り方テキストのセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【レディースS】1900 yen
【レディースM】1900 yen
【レディースL】1900 yen
【レディースLL】1900 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加

#総裏地付き  #本格仕様
#お出かけスタイル
#カジュアルにも
#流行に左右されない
#ウールでも
#ファーでも◎

   
表地 裏地
115cm幅 150cm幅 160cm幅 105cm幅
S 2.5m 2m 2m 2m
M 2.5m 2m 2m 2m
L 2.5m 2m 2m 2.5m
LL 2.5m 2m 2m 2.5m

パターン制作時の用尺はあくまで参考となります。
生地はそれぞれ縮率(水通しした時にどれくらい縮むか)が異なるので、
縮率によっては参考用尺よりも多く必要になる場合があります。
地直し時の縮みを考慮して、余裕をもった長さを用意すると安心です。

   

*接着テープ(平織り)0.9~1cm幅 … 全サイズ 30cm
(布帛用接着芯<薄地>でも可)
*ビッグスナップ(直径21mm) … 1個(お好みで)

【ニット生地で制作する場合】
*ニット用接着芯(90cm幅) … 全サイズ 1.5m

【布帛生地で制作する場合】
*布帛用接着芯<薄地>(110cm幅) … 全サイズ 50cm



表地 … [圧縮ウール][キルト][ファー]など厚地の生地
裏地 … [ローン][シルクレープ]など薄地の布帛生地


   
   

Mサイズ
表生地:しっかりウール【濃紺】
裏生地:トリプルストライプ
Rick Rack オリジナル記念タグ
モデル身長:163cm

 
デイリーに活躍する
総裏仕立ての本格派コート


総裏地付きでつくる本格仕様の『ノーカラーコート』。

きちんとしたシーンに着ていけるきれいさがありつつ、
程よく抜け感のあるシルエットはシーンを選びません。
着回し力抜群の一枚です。

流行に左右されないノーカラーは、
タートルネックやシャツなどインナーを選ばないのでうれしい。
デニムに羽織ってカジュアルにも、
ワンピースやテーパードパンツに合わせて上品な着こなしもできるコートは
ながく愛用していただけること間違いなしの優秀アイテムです。

カジュアルなスタイルにも、
きちんとした席にも着ていけるシンプルなコートは1着あると便利ですね。

   
 
   
   
 
   
   
   
   
   
   
着用感をチェック

表に見えないスナップボタンや脇の切り替えを利用したポケットなど
シンプルさを追求したデザインなので、年齢を問わず着られます。

↑動画のように裏地をプリント柄にして、腕まくりしてポイントにしても◎。

着丈も長すぎず、短すぎないので、インナーに何を着ても合わせやすい。
ベーシックな本格派のコートです。

   
 
 

Lサイズ
表生地:しっかりシープボア【レッド】
裏生地:ビオラ【ブラック】
モデル身長:163cm

   
   
   
   

Lサイズ
表生地:しっかりシープボア【レッド】
裏生地:ビオラ【ブラック】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.63 セットアップパンツ/36サイズ
モデル身長:163cm

   
   
 
   
   
 
   
 
 
Mサイズ
表生地:ニュージーランドウールニット【グレー】
裏生地:フラワーフィールド【グレー】
ビッグスナップ

ワンピースパターン:ナチュラルワンピース/Mサイズ/タートルネック
ボトムスパターン:【チャレンジ】No.14 スーパーストレッチでつくるスキニーパンツサイズ/38サイズ
モデル身長:163cm
   
   
 
   
   
 
 
Lサイズ
表生地:ニュージーランドウールニット【ブラック】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.14 スーパーストレッチでつくるスキニーパンツ/38サイズ
モデル身長:163cm
 
こだわりのシルエット

適度なゆとりにすっきりとしたシルエット。
動きやすく、着こなしやすいIラインが素敵です。

パンツはもちろん、ワンピースやスカートとの相性もよく、
バランスよく着られるのがうれしいパターン。

シンプルに着こなすには↑画像のように
『【チャレンジ】No.14 スーパーストレッチでつくるスキニーパンツ』がおすすめ。
すっきりとした縦長シルエットで体型もカバーできますね。

また、ワイドパンツなどにすると、今どきのおしゃれスタイルができあがります。

   
   
Lサイズ
表生地:ニュージーランドウールニット【ブラック】

トップスパターン:【チャレンジ】No.62 セットアップブラウス/36サイズ
ボトムスパターン:【チャレンジ】No.63 セットアップパンツ/36サイズ
モデル身長:163cm
   
 
 
お出かけスタイル

シンプルな生地で1着つくっておけば、デイリーにもお出かけにも着られる『ノーカラーコート』。

『【チャレンジ】No.62 セットアップブラウス』と
『【チャレンジ】No.63 セットアップパンツ』をセットアップで着て、
シンプルなコートを羽織れば、お出かけスタイルの完成!

悩まず着られるのがうれしいですね。
 
 
 
スナップボタンがアクセント

衿まわりのデコルテがきれいに見えるノーカラー。
スナップボタンをひとつ付ける仕様ですが、アレンジで何個かつけてもよいですね。

ボタンをあけて、すっきりとしたり
きちんと閉めてマフラーをプラスしたり。
ストールやマフラーなど冬小物を活かしてくれるコートなので、
お出かけのときの小物選びも楽しめます。

 
 

毛足の長いファーを使用すると、ラグジュアリーコーデにクラスアップ。


Sサイズ
表生地:厚手のファーニット
ビッグスナップ

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.63 セットアップパンツ/38サイズ
モデル身長:163cm

   
   
 
   
   
 
Mサイズ
表生地:【カラーキルト】ウールチェック【B】
モデル身長:163cm
   

↑画像のコートはキルトでつくってみました。
キルトでも問題なくつくれたので、生地選びがより楽しくなりますね。
チェックのコートは個性的であたたかく、とてもかわいいです。

 
 
Mサイズ
表生地:フラノストレッチチェック【ブラウン】

スヌードパターン:かんたんスヌード/ロングサイズ
ボトムスパターン:【チャレンジ】No.14 スーパーストレッチでつくるスキニーパンツ/38サイズ
モデル身長:163cm
   
   
 
   
   
 
Sサイズ
表生地:中厚程度の厚みのニットキルト
モデル身長:163cm
 
   
 
   
   
 
 
あると便利なポケット


コートにポケットがついていないと不便さを感じるのはわたしだけでしょうか?

ぐちゃぐちゃになったバッグからカギや定期を探し出すのが困難なわたしは、コートのポケットは必須。

このパターンには脇の切り替えを利用したポケットがついているので、
つくるのも簡単、着用時もうれしい。
ちょっとそこまで行くときも、サッと羽織ってカギだけポケットに。
なにかと重宝するポケットです。

   
   
 
このコートのポケットは大きめで携帯電話もきれいにおさまります。
ポケット口のステッチをあえてなくすことで、すっきり大人っぽい仕上がりになりました。
   
   
 
Lサイズ
表生地:ニュージーランドウールニット【ブラック】
裏生地:フリーギンガム
   
裏地で遊ぶ

とてもベーシックで落ち着いた印象の『ノーカラーコート』。
総裏地付きなので、裏地で個性を出しても◎。

脱いだときにちらっと見える裏地はおしゃれ上級者のよう。

シックな無地の黒、パステル系のプリント柄など選ぶ生地で印象が変わります。
自分だけのオリジナルのコートをつくりましょう。

   
Mサイズ
表生地:ニュージーランドウールニット【グレー】
裏生地:フラワーフィールド【グレー】
   
   

サンプル以外にもウール生地の裏地に使える生地を合わせてみました。
個性的な印象になる裏地からシックな雰囲気になる裏地など、お好みのものを見つけてくださいね。

   
 

上:左から、ベリーベリー【パープル】/トリプルストライプ/フリーギンガム【ネイビー】
下:ベーシックウール【ブラック】

   
   

 

上:左から
フリーギンガム【イエロー】/しずく【A】hotaru./フラワーフィールド【グレー】
下:ベーシックウール【グレー】

   
   
 
 
裏地選びに迷ったらキットを活用

『ニュージーランドウールニット』
または、『フラノストレッチチェック』でつくる
『【材料のみ】ノーカラーコート(裏地つき)のキット』をご紹介しています。

それぞれの表生地にあった裏地、このパターンで使う副資材が必要な分だけ入っているので
無駄がなく、生地選びに迷わないキットです。
すぐに縫い始められるのもうれしいですね。

そして、Rick Rack の材料キットは10%OFFとなっております。
無駄なく、賢くソーイングを楽しみたい方におすすめのキットです。


『ニュージーランドウールニット』でつくるキットはこちらから

(材料のみのキットなのでパターンは別途ご用意ください)

 
 
   
『フラノストレッチチェック』でつくるキットはこちらから

(材料のみのキットなのでパターンは別途ご用意ください)
   
   
 
   
星止めについて

星止めはレジロン糸がいいですか?伸びない普通の糸がいいですか?
というお問い合わせをたくさんいただきました。

星止めの糸はどっちがいいか?
という決まりはありませんが、Rick Rack では
伸びない普通の糸を使用しています。

レジロン糸はつるつるしていて、ねじれてからみやすいので
あまり縫いやすいとは言えません。

星止めするときには、糸を引き過ぎるとつれてしまいます。
突っ張ってしまわないように、逆にゆる過ぎないようにも注意してください。
距離が長いですが、星止め頑張ってくださいね。

   
   
 
 
初心者のわたしでもホントにつくれる?

Rick Rackのつくり方テキストは、すべて写真入りで、
ひとつずつの工程を順番に丁寧に解説しています。

縫い方や印付けはもちろん、型紙の配置方法から、生地の裁断のコツ、
生地端がほつれない工夫など、初心者さんでも上手に、きれいにつくれる方法を
すべて写真入りで詳しく紹介。

「なんだかよく分からないけど、テキスト通り、写真通りに進めていたら
わたしにもつくることができました!」

これがRick Rackのパターン&テキストの大きな特徴です。

   
   
 
   
わたしにコートなんて、絶対無理・・・と諦めないで!
慣れていない方は確かに時間がかかるでしょう。
ですがじっくりと腰を据えて取り組めば、初心者さんでも必ず完成させることができます。

今年の冬は手づくりコートにチャレンジしてみませんか?


それでも、まだ不安な方に吉報。

Rick Rackでは、フリーダイヤルでソーイングスタッフがあなたをサポート。

つまずいてしまった時には、お気軽にお電話ください。
完成まで親切・丁寧にソーイング専門のスタッフが相談に乗ります。
   
   
   


胸囲 着丈 裄丈

S

102 92.5

75

M 106 94 76
L 110 95.5 77.5
LL 114 97 79




   
 
 

こんにちは。
ソーイング初心者の事務所スタッフFです。

今までは簡単にできるニットのTシャツやパンツなどを作って
ソーイングを楽しんでいました。

でも『しっかりウール』に一目ぼれをしてしまったんです。

 
しっかりウール
 

どうしてもアウターを作ってみたくなり、
でもわたしに作れるかしら、、、と悩んでみたり、
でもやっぱり作りたい!と、
思い切って『ノーカラーコート』に挑戦することにしました。
私にとっては大・大冒険です!


まずは裁断です。
ここが一番の大変どころでした。

パーツも多く、裏地もある。
裏表も間違えないように確認しつつ、
カットしたものから表側がわかるようにシールを貼って
丁寧に裁断をしていきました。

 
 

やっと終わった!と時計をみると1時間半が経過していました。
(慣れている方はもっと早く終わるとおもいます)


次はミシンの工程です。
裏地があるのでロックミシンをかける必要がないのもうれしいところ。
袖のついた表身頃と裏身頃をつくっていきます。
ここまでは迷うことなく、
じゃんじゃんミシンをかけていきました。

とうとう表身頃と裏身頃を
縫い合わせるところまできました。

 
 

初心者の私は
「こことここを縫って、ここからひっくり返すとこうできあがる」
というイメージができないので、
テキストとにらめっこしながら、
説明文を声に出して読み上げながら、
ひとつひとつ確認して工程どおり進めていきました。

するとどうでしょう。
ノーカラーコートが出来上がったんです。
「私でも出来た~!」と感動もひとしおです。

 

ノーカラーコート(裏地つき) / しっかりウール

 

まだ手縫いの工程が残っていましたが、
ちょうどお正月シーズンだったので、
テレビをみながらのんびりと縫い縫いしました。

 
 

手縫いがあると丁寧につくった感じがあり、
愛着もわいてきますね。


『しっかりウール』もパリっと張り感があって
とっても縫いやすく、上品な仕上がりになりました。
想像どおりのステキなコートに大満足です。

初心者の方でもテキストがあれば絶対に完成します。
よかったら挑戦してみてくださいね!

 
 

Rick Rack のパターン、生地など商品を実際に使ったことがある人から
感想、ご意見をいただきました。

   

■東京都 Mさま

おおきなヘリンボーンウール【ブラック】でノーカラーコートを作りました。

おおきなヘリンボーンウール

 

生地はしっかりしていて接着芯や裏地をつけると
イメージよりも重くなってしまいました。

最近はバッグでもアクセサリーでも軽いものを選んでいるのです。
これも勉強ですね。

裁断の時にはループ糸が切断されるので
繊維クズがチクチクして大変でしたが
生地のほつれは無く縫い易くて満足な出来上がりでした。