カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME パターン > シャルマンブラウス
シャルマンブラウス

シャルマンブラウス

本体価格:1,200yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売ではありません。
 パターンと作り方テキストのセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【レディースS~M】1200 yen
【レディースM~L】1200 yen
【レディースL~LL】1200 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加

ゆったりとしたサイズで着やすいブラウスのパターンです。
羽織りものとしても着られて、どんな服ともコーディネートしやすいデザインになっています。

衿は「上衿つきカラー」または「スタンドカラー」の2タイプが楽しめます。
衿元には程よくはいったギャザー、裾の紐を絞るとふんわりと膨らんだバルーンのシルエットになります。

お袖は身頃からつづきになっているので、面倒な袖つけもありません。
肩から袖口にかけてゆったりとしていて、気になる二の腕もカバーしてくれる袖丈です。

リラックスできるサイズ感でデイリースタイルに大活躍しそうです。




全サイズ・・・
生地幅110~150cm…1.5m


*ボタン(直径1~1.5cm位) … 6個
*バイアステープ(2cm幅位) …
    S~M / 1.5m
    M~L / 1.6m
    L~LL / 1.6m



[プチフール][ヨーロッパリネン][カラーリネン]など薄地~中厚地の布帛生地

S~Mサイズ
生地:中程度の厚さのリネン
モデル身長:158cm

 
   
   

小さな丸衿がかわいらしく、カジュアルな中にも女性らしい衿元。

 

レディースM~Lサイズ
生地:ポピン【スモークグレー】
モデル身長:163cm

   
   

程よくはいったギャザーは、動きのあるふんわりシルエット。
後ろにもギャザーをいれて、バックスタイルにも動きをだしました。

   
   

衿元をスッキリ見せてくれるスタンドカラーもつくれます。

   

レディースM~Lサイズ
生地:ポピン【スモークグレー】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.45 キュロットスカート(ロング丈)/38サイズ
(『チャレンジパターン』シリーズは期間限定での発売となります)
モデル身長:163cm

 
   

ノースリーブに羽織りものとしてブラウスをプラス。

M~Lサイズ
生地:プチフールシリーズ 60ローン
モデル身長:158cm

 
   
   

レディースM~Lサイズ
生地:ポピン【スモークグレー】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.01 ワイドパンツ/38サイズ
(『チャレンジパターン』シリーズは期間限定での発売となります)
モデル身長:163cm

   
   
   

さわやかなリネンはこの形にぴったりです。

サイズ:M~L
モデル身長:163cm

   
   

袖もゆったりとしているのでロンTなどとの重ね着や
キャミソール一枚で涼しく着ていただけます。


M~Lサイズ
生地:リネン
モデル身長:158cm

   
   

作品完成後、お水につけて絞った状態で乾燥させてシワ感をつくりました。
もちろんきれいにプレスをかけてもOKです。

   
   
   

胸囲 着丈 裄丈
S~M 121 62 41.5
M~L 125 63 43
L~LL 129 64 44.5
 
 
 
普段はSHOPスタッフとしてお客さまの接客、
また生地のカットや発送業務の両方を担当していますスタッフNです。

ソーイング歴は4年です。
初めてつくったものは、『ポストマンバッグ』で息子の入学準備のバッグからスタートしました。

Rick Rack のパターンでつくったことがあるものは、
『リボンのワンピース』、『サニーワンピース』、『ショール風カーディガン』、『トライアングルバッグ』、
『イージークロップドパンツ』、『ダブルストラップのワンピース』・・・などなどです。
 

 

   
 

衿元のギャザーはむずかしくなかったですか?

 

ギャザーを寄せる位置が3か所と決められていてやりやすかったです。
糸の引き出し方もわかりやすく、ギャザーの寸法も表があるため、見やすくわかりやすかったです。

台衿と身頃を合わせるときに長さがどうしても合わなくなってしまいました。
ソーイングスタッフに聞いたところ、ギャザー寸法を直線で測らないといけないのを
間違えてカーブで測っていたため寄せが甘かったことがわかり、直したら台衿と身頃が合うようになりました。

 

衿つけは分かりましたか?

 

身頃と衿のつけはじめがずれてしまい、もう一度テキストを確認したら
ぴったりと合わせる箇所の間違いに気がつき、縫いなおしたら上手にできました。

台衿を一周縫う時に表から縫っていたところ、
できあがってみると、裏の台衿端から落ちて縫っている部分が何か所かあり、縫いなおしました。
ソーイングスタッフに相談したら、縫いめが落ちていてもほつれることがないとのことだったので安心しました。
まち針だけでは縫いにくい場合は、しつけをするといいとアドバイスをもらいました。

 

その他、縫っていて気がついたことはありますか?

 

ボタンホールをあけるとき、衿側が奥へ、裾側を手前にミシンにセットしたら
一番上は衿の段差で最後はぐしゃぐしゃと生地がよって失敗してしまいました。
家庭用のボタンホールの場合は、段差があるとうまくあかないことがあるそうです。
身頃の上下をさかさまにしてボタンホールをしたらきれいにできました。

   
 
 
 

おすすめアイテム

ポピン
900yen(税抜)
商品詳細へ
幅広80ローン
600yen(税抜)
商品詳細へ
幅広60ローン
1,200yen(税抜)
商品詳細へ
貝ボタン
330yen(税抜)
商品詳細へ