カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > ベアウォーム【キャメル】1.5mカット
ベアウォーム【キャメル】1.5mカット
   

ベアウォーム【キャメル】1.5mカット

本体価格:2,550yen(税抜)

加算予定ポイント:12 ポイント

生地巾 約140cm
素材 ポリエステル85% レーヨン15%
ゆうパケット不可
*縫製にはニット用の針を使用してください。

入荷お知らせを受け取る
お気に入りリストに追加

カットクロス…こちらの商品はすべてカット済みとなっております。


あたたかく冬を過ごす

   

+4°C 驚きのあたたかさ!

機能のある素材『ベアウォーム』。

吸湿発熱効果となめらかな肌ざわりをあわせもった生地です。
空気中の湿気などを利用した吸湿発熱は、他のポリエステル生地と比べ
最大約4℃あたたかくなります。

見ているだけでもほんわかした気分にさせてくれるファーですが
機能がついているところもうれしいですね。
そして、実際に触れてみると、病みつきになる心地よさ。
思わずほっぺたをすりすりしたくなります。

『かぼちゃのパンツ』や『ファーコート』、『キルトジャケット&ベスト』のベストなどにおすすめです。
また簡単にできて、真冬に大活躍の『フード付きスヌード』などにも。

   
   
「チャレンジパターン」シリーズなら『【チャレンジ】No.61 ファーブルゾン』がおすすめ。
キッズでもレディースでも素敵に仕上がります。


使用色:キャメル
パターン:【チャレンジ】No.61 ファーブルゾン/12サイズ
この生地を使用する場合、12サイズ=1.1m
オープンファスナー【ブラック/アンティークゴールド】
(『チャレンジパターン』シリーズは期間限定での発売となります)
Rちゃん 9歳 135cm 27kg
   
   

使用色:キャメル
ミニレシピ:あったか えりまき

   
   
       
       
       
『ベアウォーム』は生地端が他のファーに比べて
ポロポロと出てくることが少なく、とても扱いやすい生地です。

めんどくさがりなわたしは、
カットしたあとお洗濯をしてそのままひざ掛けにつかおうかと思っています。
   
   
 
   
   
 
   
   
ご注意!テンションが低いニット生地です

実際に生地の組織としてはニット生地の分類に入るのですが、このニット、非常に伸縮性の低い生地です。

ですので、Tシャツなどに仕立ててしまうと、頭が入らない…窮屈…ということになってしまうので、ご注意ください。

ニット生地ですが、布帛と同じ扱いと考えていただくといいと思います。
おすすめは『ドルマンブラウス』や『トグルバッグ』など布帛推奨パターン。
『トグルバッグ』はぷっくりとしたかわいいバッグになりますね。

また、サンプルのように『フード付きスヌード』をつくる際は少し大きめにつくることで、頭が入らなくなることを防ぎます。

ニット生地ですがテンション(生地の伸縮性)が低いことで、レジロン糸(ニット用ミシン糸)で縫うと生地がよれてしまうことがあります。
針はニット用ミシン針、糸はスパン糸をおすすめします。

   
   
   

裁断すると毛が飛びますので、ご注意ください。

また、写真のように、裁断面からぽろぽろと毛が抜けますが、
ある程度取れたところで抜けなくなります。

 

毛足が長いと縫いにくいので、←のように、目打ちで毛を押さえながら縫うと縫いやすくなります。

 

縫い終わってから、このように目打ちを使って
毛足を引っ張り出すときれいに仕上がります。

   
   
   

ファーは地直しの必要がありますか?
また、お洗濯はどうすればいいですか?


 地直しはしなくても大丈夫です!
『ベアウォーム』はポリエステル85%、レーヨン15%なので、
生地に安定性があります。
そのため、コットンやリネンと違ってあまり縮みません。
届きましたら、そのまま裁断して作品をつくっていただけます。

デリケートな素材なのでお洗濯をされる場合には、
手洗いがおすすめです。

どうしても洗濯機を使用される場合には、ネット使用の上
弱水流・短時間コースなどにしてくださいね。

家庭用ミシンでも縫えますか?

問題なく縫っていただけます。
毛足が邪魔になって縫いにくいことがあるので、
目打ちなどを使用し、毛足を押さえながら縫うとよいでしょう。
(上記の「ファーのお取り扱いについて」を 参考になさってくださいね)

   
 
家庭用ミシンで縫える

『ベアウォーム』は厚みのあるニット生地ですが、
ロックミシンはもちろん、家庭用ミシンでも縫うことができます。

ミシンで縫うときは『ゆっくり』が基本になります。
どうしても毛足がつぶれてしまうので、
縫い終わってから目打ちを使って毛足を引っ張り出すときれいに仕上がります。
(上記『ファーのお取扱いについて』参照)

-おすすめ糸色-
スパン糸 … からし
ロックミシン糸 … マスタード

生地と合わせた色のミシン糸・ミシン針は↓おすすめアイテムから。