カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > キャリーバッグ
キャリーバッグ

キャリーバッグ

本体価格:600yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売ではありません。
 

 
数量:
お気に入りリストに追加


#動画でソーイング
#フワちゃんファスナーが映える♪
#防水生地で超軽量!
#スポーツジムへ行く時に
#シューズを入れても
#車のヘッドレストにかけても◎
#ベビーカーにかけても◎

ご注文の前に必ずご確認ください!

このパターンは『動画でソーイング』シリーズです。
つくり方は動画で説明しているので、テキストはありません。
お届けするのは「パターン」のみです。

こちらの動画を見ながら、つくってくださいね。

   
 
 

生地:アウトドア用防水生地(約148cm幅) … 約0.5m

上記用尺はあくまで参考です。
バッグや雑貨、小物など、くり返しお洗濯をしないものに関しては、
地直しをしなくても大きな問題はありません。

   

・頭合わせコイルファスナー 全長38cm… 1本

・PPテープ 2.5cm幅 … 約0.2m

・バックル 2.5cm幅 … 1組

 

生地端始末の必要がない「防水生地」

 
 

生地:アウトドア用防水生地【N】モスグリーン
フワちゃんファスナー(頭合わせコイルファスナー 47cm)【レモンイエロー】
PPテープ 2.5cm幅【ブラック】
バックル 2.5cm幅【ブラック】

   
デザインがおしゃれ&機能的

アウトドアな防水生地に、
斜めについたカラフルな『フワちゃんファスナー』がアクセントになった、
アクティブでおしゃれなデザインの『キャリーバッグ』。

タオルや水着、ドリンクなどを入れて
身軽にスポーツジムへ行く時に。

また子どもの体育館ばきや
ママさんバレーで使うシューズ入れに。

ゴルフのカートバッグとして、
貴重品やコスメポーチなどを入れて使うのにも便利。

さまざまなスポーツのお出かけに合う『キャリーバッグ』です。

手に持ったり、肩にかけたり、
スポーツウェアとのコーディネートも楽しみの一つです。

また、後ろには自分の好みで仕切ることができるポケットが付いています。
携帯電話を入れたり、手帳を入れても◎。

   
 
   
   
 
   
   
 
   
便利なバックル

持ち手にはバックルがついているので、
車のヘッドレスト部分やベビーカーのフックにもつけたり外したり、
その時々のシーンに合わせて
必要な小物を入れて色々な場所にぶら下げて使うことができます。

   
   
  
 
 
 
防水生地の一重仕立て

ナイロン100%の『アウトドア用防水生地』は、超軽量かつ丈夫!
撥水性にも優れています。

中薄程度の厚みですが、
一重仕立てでもしっかりとした仕上がりになります。

カラーバリエーションも豊富で、
カラフルな『フワちゃんファスナー』との相性もバッチリです!

お気に入りのタグをつけて、
自分だけのオリジナルキャリーバッグを楽しむのもいいですね♪


また、『フワちゃんファスナー』のページに『アウトドア用防水生地』との
色合わせの参考写真も掲載しています。
お好きな組み合わせを探してみてくださいね。


 
 

生地:アウトドア用防水生地【G】ターコイズグリーン
フワちゃんファスナー(頭合わせコイルファスナー 47cm)【ライムグリーン】
PPテープ 2.5cm幅【ブラック】
バックル 2.5cm幅【ブラック】

 
 
 
 
   
   
 
 

奥からパターン:キャリーバッグ
ミニレシピ:ラミネートポーチ/マスクポーチ
生地:アウトドア用防水生地【N】モスグリーン

 
はぎれを有効活用

↑画像は『アウトドア用防水生地』0.5mで『キャリーバッグ』をつくった残りの生地で
ミニレシピの『ラミネートポーチ』と『マスクポーチ』をつくりました。

その他、『キャリーバッグ』をつくったあとの余った生地でつくれるミニレシピも
YouTube「キャリーバッグのつくり方」動画
ご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 
 

生地:アウトドア用【撥水】生地【トープ】
頭合わせコイルファスナー 47cm【ブラック】
PPテープ 2.5cm幅【ブラック】
バックル 2.5cm幅【ブラック】
刺繍タグ【-Mountain-生成り】

 
 
高さ マチ 持ち手
21 34 12 36.5
   
   
 

こんにちは、スタッフ おでんくんです。
今回わたしは『キャリーバッグ』を作ってみました。

防水生地でつくる『キャリーバッグ』、
これはアウトドアにもいいんじゃない?!
持ち手にはバックルが付いてて
いろんなところに引っ掛けたり、吊るしておけるのも便利そう!

ということで、キャンプに使いたいバッグとして作ることにしました。

 

生地とファスナーの組み合わせを考えるのも楽しいこのバッグ。
なににしようかな~と探していると、
わが家のテントと同じ色の生地を発見!

テントとおそろいなんてテンション上がります( *´艸`)

生地はアウトドア用【撥水】生地の【トープ】に決定。

合わせるファスナーは
頭合わせコイルファスナー47cmの【ブラック】にしました。

アウトドアっぽく刺繍タグもつけちゃいます。

 

アウトドア用【撥水】生地

 

さてこの『キャリーバッグ』、なんと動画を見ながら作るんです。

いつもの写真やイラスト付きのテキストはついていません。

動画を見ながら作るなんてやったことないけど、ちゃんとできあがるかな…
とちょっとドキドキしながらも、いざスマホを片手にレッツソーイング!

 

まずは、スマホのカメラで
パターンの表紙にあるQRコードを読み取って動画を開いてみます。
(動画はHPのキャリーバッグのページからもリンクしています)

小さい画面が見にくい方は、タブレットやパソコンで見てくださいね。

 
 
 

最初は裁断から。
配置の仕方、裁断のポイントなどを説明しています。

実際に裁断しているところや
ノッチの入れ方なんかも詳しく紹介されていて、
なるほど~!わかりやすい!
と思いながら一度再生を止めて、裁断してみます。

ポイントは合印をしっかり入れること。
動画の通りに三角に切り込みを入れました。

『アウトドア用【撥水】生地』は裏表がわかりにくいので、
シールで裏表の印をつけておくとわかりやすかったです。

 
 
 
 
 

裁断を終えたらまた再生スタート。

動画の手順通りに縫っていきます。
2、3工程先を一度再生して、
流れを見てから進めていくとわかりやすかったです。

??と思ったら何度も繰り返し見て確認しましょう。

動画のよいところは文章と写真で見るよりも
本当にわかりやすいところ!

ちょっとしたテクニックやきれいにできるコツなどもでてきます。

そう、他のアイテムを縫うときにも
役立つ情報が満載なんです!

また 「縫い代1cmで縫いましょう」などの細かい説明や、
重要なポイントが文字でも出てくるので、
動画に集中していると聞き逃しがちなことも、
しっかり確認できます。

 

『キャリーバッグ』を作るのに重要なところは
ファスナーをつけるところと、本体と持ち手を合わせて縫うところ。

ここも丁寧に説明されているので、
1工程ずつゆっくりと、動画を見ながら同じようにすすめたら…

あらら、完成しちゃった!( *´艸`)

思っていたよりも簡単に、あっという間にできました。

 
 

はじめて動画をみながらのソーイングでしたが、
普段のテキストを見ながら作るのとはまた違う、
まるでソーイング教室にいるみたいな感じ。

おうちで1人で作るんだけど、
教えてもらいながら一緒に作っているような感覚です。

YouTubeの動画を見ながらお料理したり、
エクササイズをするように、ソーイングが気軽に楽しめました♪

Rick Rack では『キャリーバッグ』の他にもソーイング動画をご紹介しているので、
ぜひ見てみてくださいね。