カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > 【チャレンジ】No.31 シャツコート
【チャレンジ】No.31 シャツコート

【チャレンジ】No.31 シャツコート

本体価格:700yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売では
  ありません。
  パターンと簡単な仕様書のセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【36】700 yen
【38】700 yen
【40】700 yen
【42】700 yen
【PA234 スキッパーシャツテキスト】300 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加

#使える #ベーシック
#体型カバー◎  #お袖くるくる
#きれいシルエット




【基本になるパターン&テキスト】

Pa-234 『スキッパーシャツ』

このパターンには写真付きの詳しいつくり方テキストは付属しません。
簡単な仕様書 + 実物大ワンサイズパターンのセットになっています。

詳しいつくり方はPa-234 『スキッパーシャツ』に沿って説明していますので、お手元にPa-234 『スキッパーシャツ』のテキストをご用意の上、制作してください。

基本パターンのテキストをお持ちでない方はテキストのみを300yenでご購入いただけます。
サイズ選択表の一番下【PA234 スキッパーシャツテキスト】を選んでご注文ください。

【レディースサイズ】 36=S相当、 38=M相当、 40=L相当、 42=LL相当

ご注文の前にご確認ください!

『チャレンジ』シリーズは『スタンダード』シリーズとは仕様が異なります。
詳しくはこちらをご確認ください。

『チャレンジ』シリーズとは?

 
38サイズ
上衿、台衿に接着芯を貼っています。
生地:ヨーロッパリネン-和-【藍鉄】あいてつ

バッグパターン:ラミネートバッグ【4】/ショルダータイプ
モデル身長:163cm
 

ベーシックだからこそシルエットにこだわる

流行を意識したロング丈のシャツコート。
台衿付きのベーシックなデザインなのでコーディネートしやすい1着です。

ベーシックだからこそシルエットを重視し、ボタンを閉めてもはずしても
きれいなシルエットがでるようつくりました。

 
 
38サイズ
上衿、台衿、前あき縫い代に接着芯を貼っています。
胸ポケットを省略しています。
生地:ワッシャーブラックウォッチ
 
 
 
細部をチェック

丁寧につくればつくるほどきれいに仕上がる衿。
衿はゆっくり時間をかけて丁寧に縫いましょう。

ポケットはお好みで胸ポケットも付けられるので、
両胸につけたり、自分好みにしてもよいですね。

お袖はくるくるすること前提なので、伸ばすと12分丈になっています。
ロールアップすることでこなれ感がでておしゃれな雰囲気になります。


※動画は生地の色が異なってみえます。
生地の色は動画ではなく写真を参考にしてください。

 
 
38サイズ
胸ポケットはアレンジで左右につけています。
接着芯は使っていません。
生地:綿麻シャンブレー ボーダー【E】
モデル身長:160cm
 
基本テキスト Pa-234 『スキッパーシャツ』

Rick Rack の 『スキッパーシャツ』を制作したことがある方でしたら、
問題なく制作可能です。

詳しい縫い方手順は 『スキッパーシャツ』のテキストに沿って説明しています。
制作前にお手元に 『スキッパーシャツ』のテキストを用意しましょう。

基本パターンのテキストをお持ちでない方は、テキストのみを300yenでご購入いただけます。
サイズ選択表↑の一番下の【PA234 スキッパーシャツテキスト】を選んでご注文ください。

 
 
40サイズ
接着芯は使っていません。
生地:ヨーロッパリネン-和-【茜】あかね

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.07 ガウチョパンツ/38サイズ
バッグフリーレシピ:プランタンバッグ(持ち手ショートアレンジ)
モデル身長:163cm
 
#お袖くるくる

お袖は三つ折りで着用することを前提に12分丈になっています。
ポケットやボタンはお好みでつけることができるので、
カジュアルにもきちんとした雰囲気にもなります。

ポケットもボタンも、なにもつけずにシンプルに仕上げてもよいですね。

   
   
36サイズ
上衿、台衿、前あき縫い代に接着芯を貼っています。
生地:エアリーチェック【赤系】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.37 ストレートパンツ(股上浅め)/40サイズ
モデル身長:163cm
   
   

バックスタイルはヨーク切り替えになっていて、
シルエットが広がりすぎないよう小さなタックが2つ入っています。

※動画は生地の色が異なってみえます。
生地の色は動画ではなく写真を参考にしてください。

 
   
   
38サイズ
上衿、台衿に接着芯を貼っています。
生地:ヨーロッパリネン-和-【藍鉄】あいてつ
モデル身長:163cm
 
 
 
『ヨーロッパリネン-和-』でつくるキット

『ヨーロッパリネン-和-』でつくる
『【材料のみ】No.31 シャツコートのキット』もご紹介しています。

このキットは、『【チャレンジ】No.31 シャツコート』が1着つくれるキットです。

このパターンで使う生地、副資材が必要な分だけ入っているので無駄がない!
そして、Rick Rack の材料キットは10%OFFとなっております。

無駄なく、賢くソーイングを楽しみたい方におすすめのキットです。


(材料のみのキットなのでパターン・基になるテキストは別途ご用意ください)

   
   
38サイズ
上衿、台衿、前あき縫い代に接着芯を貼っています。
脇に約35cmスリットを入れるアレンジをしています。
生地:ワッシャーブラックウォッチ

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.84 エッグパンツ/36サイズ
モデル身長:163cm
   
   
 
つくり方サポートはフリーダイヤルで!

制作途中で分からなくなってしまった場合、
ソーイングスタッフがサポートいたしますので
フリーダイヤルにてお問い合わせください。

お電話の時にはお手元に 『スキッパーシャツ』のテキストをご用意ください。

テキストをお持ちでない場合、
説明範囲を超えるためサポートはできませんので
あらかじめご了承ください。
   
   
38サイズ
上衿、台衿に接着芯を貼っています。
生地:ヨーロッパリネン-和-【藍鉄】あいてつ
 
   
サイズ 100cm幅 110cm幅 125cm幅 130cm幅
36 2.4m 2.1m 1.9m

1.8m

38 2.5m 2.2m 2m 1.9m

40

2.9m 2.3m

2.1m

2m
42 3m 2.4m 2.1m 2.1m

上記用尺はあくまで参考となります。
生地はそれぞれ縮率(地直しした時にどれくらい縮むか)が異なるので、
縮率によっては参考用尺よりも多く必要になる場合があります。
地直し時の縮みを考慮して、余裕をもった長さを用意すると安心です。

   



下記の材料はお好みで用意してください。

・ボタン 直径1~1.5cmくらい … 10~12個
・布帛用接着芯(薄地) 【上衿、台衿】… 25cm×55cm
・布帛用接着芯(薄地) 【前あき縫い代】…
36サイズ・38サイズ 2.5cm×100cm … 2枚
40サイズ・42サイズ 2.5cm×105cm … 2枚


   
   
この生地なら「シルエットをお約束」

このパターンに最適な生地をご紹介しています。
同じ生地をご使用いただくと画像サンプルと同じシルエットをお約束します。

『ヨーロッパリネン-和-』
   
   
『綿麻シャンブレー ボーダー』
 
 
『エアリーチェック』  
       
       
 
   

サイズ 胸囲 着丈 裄丈
36 99 100 80.5
38 102 102 82
40 106 104 83.5
42 110 106 85


 
 
 

Rick Rack スタッフたちがサンプルを試着した感想をご紹介していきます。
腕の長さやバストサイズなど同じ身長でも体型の違いはあるので、
誰もが同じ感覚ではないとは思いますがサイズ選びのひとつの参考にしてみてくださいね。

 

■スタッフM

身長162cm、肩幅が広く、肩から二の腕にかけてボリュームがあり
(鍛えているわけではありませんが)競泳選手のような体型です。
普段の洋服のサイズは、トップスがL(40)サイズ、ボトムスはM(38)サイズです。

 
シャツは、肩がぴったりするのが苦手なので、実はこのシャツコートも敬遠していて、
今回、初めて着てみました。
   
 
 

38サイズは、絶対に肩が入らないだろうと思いましたが、
ボタンも留めることができました。
着丈、袖丈は大丈夫でしたが、腕の部分が窮屈に感じ、動きづらかったです。
コートとして着るのはやっぱり無理でした。。。

40サイズは、肩に少しゆとりがあり、こちらがベストなサイズだと思いました。
着丈も長いのですっきり見え、実際よりスラっとしたように見えました。

敬遠していたシャツコートですが、「実はありかも?」
と意外な発見ができたので、挑戦してみようと思います。

 
 
 
『【チャレンジ】No.31 シャツコート』は40サイズ。
 
 

■スタッフN

身長155cmのわたしの体型は肩のラインが四角く、胸がペタンコ、鎖骨がやや出っ張り気味です。
試着は普段選ぶ36サイズ。ちなみに肩幅は34cmです。

 

『シャツコート』の肩幅は私の肩より3cmほど落ちる感じでした。

くるくるお袖仕様の12分丈のお袖。
わたしには袖は長くそのままだと手の平が隠れます。

袖を短くアレンジしてもOKですが、わたしはロールアップして着たいので、
パターン通りで作りたいです。

着丈はちょうどしっくりくる着丈でした。

   
 
   
羽織りもので迷われたら、肩幅や背の大きさで決めると
小さい身長の方は洋服に着られてる感なく選べると思います。
 
 
 
『【チャレンジ】No.31 シャツコート』は36サイズ。
 
 
 
 

狛江店スタッフのTです。
普段はショップ業務を中心に
お客さまのお買い物のお手伝いをさせて頂いております。

『【チャレンジ】No.31 シャツコート』を作ってみました。

 
 
 

これからの季節、屋外での日焼け防止対策に
腕が隠せ、でも暑がりなので
暑くなったらすぐ脱げる羽織りものとして
『シャツコート』を作りました。

生地は、涼しさ重視なので
あえて透け感のある「ワッシャーブラックウォッチ」を選択。

 

まず仕様書にざっと目を通し、
完成までの工程をイメトレ。

羽織る程度で十分だったので
ボタンも胸ポケットも省略デザインにしたから、
問題なくいけるだろう。

 
 
 

初めて挑戦する「衿付け」の工程も
テキストを見てゆっくりやれば、あっという間に完成するだろう。
イメトレはばっちりです。

 
 
 

わたしは、
後身頃にタックを作るところや、
ヨークを縫い合わせるところなど、
ちょっとずつ形になっていくデザイン的な工程の作業が好きで
ひとつの工程が終わると早く次に進みたくなって、
作業のテンポがあがるタイプです。

 
 
 

今回、初挑戦の「衿付け」はまさにわたしの好きなジャンル。
ちょっとワクワクした気持ちでとりかかりました。


チャレンジパターンの仕様書は
「上衿を作る」「上衿と台衿を縫い合わせる」など
とてもシンプルな説明なので
「基本となるテキスト」の
『スキッパーシャツ』の写真付きテキストが必需品です。

 

テキストの写真通り、ひとつひとつ確認しながらすすめました。


しかし、なぜかうまくいかない。
なぜなのか、写真通りやっているのに、写真と同じような形にならない。
なぜなんだろう。。。

もはや、わたしのスキルではギブアップだったので
今回もソーイングスタッフに相談しました。

 

問題は簡単に解決しました。
『スキッパーシャツ』の衿のデザインは、
すこし抜き衿になっていて
『シャツコート』のオーソドックスな衿の形とは違うため、
衿のパーツの形も少し違います。

 
 
 

それなのに、私は写真ばかり気にしてしまい、
パーツの上下を間違っていたのです。。。
裁断した時に、
パーツの上下がわかりやすいような
目印をつけておけばよかったです。

本来は、衿の形が多少違っていても、作り方は同じなので、
説明通り進めていくと問題なく作れます。

裁断したら、すぐに「上衿」「台衿」のパーツに、
上下の目印をつけることをお勧めします。

 

ちなみに↑これが私のつくった『シャツコート』。
実は脇にスリットを入れるアレンジもしてみました。

 
 

1着目は、つまづいてしまったために
完成までにちょっと時間がかかってしまいましたが、
「【細番手】綿×フレンチリネンシャンブレー」の
レモンイエローで作った2着目は、半日で完成!

“失敗は成功の母”ですね。

 
38サイズ
上衿、台衿、前あき縫い代に接着芯を貼っています。
脇に約35cmスリットを入れるアレンジをしています。
生地:ワッシャーブラックウォッチ

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.84 エッグパンツ/36サイズ
モデル身長:163cm
 
 

Rick Rack のパターン、生地など商品を実際に使ったことがある人から
感想、ご意見をいただきました。

   

■北海道 Mさま

いつも楽しく利用しております。

まだまだ暑さが残る時期かと思いますが
札幌は朝晩少しずつ肌寒くなり、
長袖物が必要になってきています。

こちらで買ったパターンも少しずつ増え、
組み合わせのバリエーションも広がっています。

そして手持ちの既製服も含めて、
作るときはいつもトータルコーディネートを念頭に
事前にイラストに描き出してから作り出しています。

秋色にチェンジしてみたので応募しました。
パターンサイズはトップス42
(肩、腕まわりの肉付きの良さと肩を痛めているためのゆとり)、
ボトムス40~42。40代、164cm。



No.31 シャツコート 42サイズを作りました。

 
Mさまの作品
 

「No.31 シャツコート」(42サイズ)は
アレンジとしてすそさばきをよくするためにサイドスリットを長めに入れ、
アクセントにウエストひもをつけています。

今回はマリーゴールド色のスラブコットンワッシャー生地で作り、
今時期は気温対策の軽いはおりアウターとしてぴったりになりました。

合わせたボトムスは違う型の物ですが
テーパードやフレアースカートなどと相性がとてもいいです。
今後はパターン紹介に載っているような赤系生地や
コーデュロイ、チェックで作りたいと思っています。

   

組み合わせを考えながら作る楽しさや、
新しいパターンを買う時はどれと合わせれば
自分なりに上手くコーディネートできるだろうかと悩むのも楽しいです!