カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > 布帛生地でつくるアンダードレス
布帛生地でつくるアンダードレス

布帛生地でつくるアンダードレス

本体価格:900yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売ではありません。
 パターンと作り方テキストのセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【レディースS】900 yen
【レディースM】900 yen
【レディースL】900 yen
【レディースLL】900 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加


#1枚は持っておきたい
#シンプルデザイン  #布帛生地で
#透け感が気にならなくなる
#おしゃれを楽しみたい


Mサイズ
生地:60ローンコットン【シルバーグレー】

全サイズ 105cm幅 … 2m

上記用尺はあくまで参考となります。
生地はそれぞれ縮率(地直しした時にどれくらい縮むか)が異なるので、縮率によっては参考用尺よりも多く必要になる場合があります。
地直し時の縮みを考慮して、余裕をもった長さを用意すると安心です。



[コットン]など薄地の布帛生地

   
   
Sサイズ
生地:60ローンコットン【ブラック】
 
上に着る物を選ばないRick Rack のアンダードレス

1枚は持っておきたい、
シンプルなデザインで使いやすい『布帛生地でつくるアンダードレス』。
これさえあれば、透け感が気になるときでもコーディネートを楽しむことができます。

一般的なアンダードレスは化学繊維が使われているものが多く、
汗の吸い取りがあまりよくなかったり、お肌が弱い方はかゆくなってしまったり…。
気持ちのよいコットン100%の生地でつくれば、汗をかきやすい時期も快適に過ごせます。

キャミソール型のアンダードレスは、ひもがずれてしまいやすく気になります。
Rick Rack のアンダードレスはタンクトップ型で、肩でしっかりととまります。

衿ぐりのあいたアイテムにも合わせられるように、首まわりは広くしてあります。
浴衣のインナーとしてもおすすめです。
衿ぐり、袖ぐりは、共生地のバイアステープで裏側を始末します。

胸にはダーツを入れ、胸にきれいに沿う立体的なラインをつくりました。
裾の両脇にスリットを入れ、足さばきをよくしているので、
上に着るものを選びません。

シンプルでお洋服に響かないアンダードレスは必需品ですね。

   
   
 
   
   
 
 
 
 
インナーのマストアイテム

ワンピースやロングスカートの下に合わせて使っていただきたいアイテムです。

お洋服の色に合わせて何枚かつくったり、
または、薄めのベージュでつくれば、ほぼいろいろな色のお洋服に使えます。

アンダードレスは、大切なお洋服や浴衣の汗染みを防ぐ役割もします。
肌に優しく、汗を吸収してくれるので、透け感が気になるときだけでなく、
汗が気になるときにもおすすめです。

   
   
 

※動画は生地の色が異なってみえます。
生地の色は動画ではなく写真を参考にしてください。

   
   

 

60ローンコットン

 
   

『60ローンコットン』がおすすめ

このアンダードレスには「コットン」など薄地の布帛生地がおすすめです。

『60ローンコットン』なら色展開が多いので、
お洋服に合わせて色を選ぶことができます。
60番手という細いしなやかな糸を使って織った薄手のコットンです。
シルクを思わせるようなやわらかな光沢感と、
しっとりした手触りがとても心地いい生地です。

   
 
『布帛生地でつくるアンダードレス』と
『ニット生地でつくるアンダードレス』を比べてみました。
   
 

左側が『ニット生地でつくるアンダードレス』です。
こちらは衿ぐり・袖ぐり始末が二つ折り仕様。
ぴったりフィットする着心地です。

右側が『布帛生地でつくるアンダードレス』。
胸元にダーツがあり、衿ぐり・袖ぐりは裏側をバイアスで始末します。

衿まわりのあき具合は同じです。

   
 

『布帛生地でつくるアンダードレス』のみ両脇にスリットが入っています。

   
   
 
ゆっくり丁寧に

袖ぐりは「わ」になった状態でのバイアステープ始末です。
カーブでテープが合わせにくいところがありますが、
細かくまち針で止めてからミシンでゆっくり縫いましょう。

   
   
 
   


胸囲 肩幅 着丈
S 89 33 88.5
M 92 34 90
L 96 35 91.5
LL 100

36

93.5

 
 
 

Rick Rack スタッフたちがサンプルを試着した感想をご紹介していきます。
着丈やゆとりなど同じ身長でも体型の違いはあるので、
誰もが同じ感覚ではないとは思いますがサイズ選びのひとつの参考にしてみてくださいね。

 
 

■スタッフK

今回私は『Pa255 布帛でつくるアンダードレス』を着てみました。

身長170cm、
骨組みはしっかりしていて幅はありますが、厚みはありません。
いつもはLサイズ、時々Mサイズを着ています。
そして、LサイズでもMサイズでもどちらも着丈、袖丈などを伸ばしています。

今回は「アンダードレス」ということもあり、
外にひびかないようにジャストサイズが良いかなと思い、
Mサイズを着てみました。

 

まさにジャストサイズ!という感じです。

胸まわり、ウエスト、ヒップ、どこもピッタリです。
ピッタリといっても身体のラインが出てしまうことはありません。
ほどよいゆとりで身体に沿っています。
動きづらいということもありません。

着丈は短いので、私なら15cm~20cmくらい長くしたいです。

これに合わせて、【チャレンジ】No.91 シャーリングワンピース(38サイズ)を着てみました。
衿ぐりからアンダードレスが見えることもなく、中でもたつくこともなく、
安心して着ていられます。

 

【チャレンジ】No.91 シャーリングワンピース

 

足さばきや肩回りの動きもスムーズで、着脱も問題ないので、
今回のアンダードレスは、Mサイズを選びます。

どうしても外に着るものばかり作りたくなってしまいますが、
このアンダードレス、一枚あると便利ですね。
いや、薄い色と黒か紺、2枚欲しくなりました。

そして、今回初めて着てみたシャーリングワンピースも欲しくなりました!

作りたいものが多すぎて困っているスタッフKでした。

 
 
 

布帛生地でつくるアンダードレスはMサイズ。

 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

■スタッフN

こんにちは。スタッフNです。

身長155cm、バスト小さめです。
普段は36サイズやSサイズが多いです。

肩のラインが四角いので、
角ばってみえないデザインを選ぶようにしています。

今回は『布帛生地でつくるアンダードレス』を着てみました。

 

このアンダードレスはタンクトップ型のデザインで、
肩ひもが落ちたりずれたりしてしまう
キャミソール型のようなストレスがありません。

丈もひざ小僧くらい、スリットが入っているので、
足さばきも気になりません。

衿ぐり、袖ぐりもちょうど良い開きと、
大きすぎない程よいゆとりです。

私にはいつものSサイズでピッタリでした。

 

上に着るもののデザインによっては、
チラリと見えてしまうものがあるかもしれません。
(私の手持ちのワンピースにはありませんが…)

でも、そこはハンドメイドの良いところ、
チラリと見えたときにも気にならない色の生地を選んだり、
お気に入りのワンピースの為に
それ専用のアンダードレスを作ってみてもいいなと思いました。

 
 
 

布帛生地でつくるアンダードレスはSサイズ。