カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > ラップフレアスカート(裏地つき)
ラップフレアスカート(裏地つき)

ラップフレアスカート(裏地つき)

本体価格:1,400yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売ではありません。
 パターンと作り方テキストのセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【レディースS】1400 yen
【レディースM】1400 yen
【レディースL】1400 yen
【レディースLL】1400 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加


#総裏地付き  #本格仕様
#動きのあるラップ風スカート
#ふんわり揺れる裾
#フォーマルにもカジュアルにも
#生地を変えるとがらりと変わる印象

   

表地 裏地
105cm幅 125cm幅 105cm幅
S 1.9m 1.6m 1.3m
M 2m 1.7m 1.3m
L ※2m 1.8m 1.3m
LL ※2m 1.8m 1.4m

※は横地で裁断した場合の参考用尺です。


パターン制作時の用尺はあくまで参考となります。
生地はそれぞれ縮率(水通しした時にどれくらい縮むか)が異なるので、縮率によっては参考用尺よりも多く必要になる場合があります。
地直し時の縮みを考慮して、余裕をもった長さを用意すると安心です。


 

*布帛用接着芯(薄地) 生地幅110cm … 約20cm

*接着テープ(平織り) 0.9~1cm幅
… 約50cm (布帛用接着芯<薄地>でも可)

*コンシールファスナー 全長25cmくらい … 1本

*ボタン(直径1.5cm~2cm) … 1個

   

表地 … [コットン][リネン]など薄地~中厚地の布帛生地
裏地 … [コットン]など薄地の布帛生地

   
   

Mサイズ
生地:中薄程度の厚みのリネン
モデル身長:163cm
   
深いタックによる、動きのあるラップ風デザイン

サイドに深めのタックを取った、ラップ風のデザイン。
歩くたびふんわりと揺れる、女性らしいシルエットです。

フレアシルエットでゆとりのある裾まわりと、
タックの奥にあるスリットづかいで動きやすい1着に。
タックで重なっているように見えるラップ“風”なので、
活動的な場所でも、前がはだけてしまう心配はありません。

ファスナーあきの仕様で、ウエストはすっきり、もたつきません。
お腹まわりがすっとしているので、インスタイルの着こなしも綺麗に完成します。

露出を控えめにしたロング丈は上品な雰囲気を演出できて、
どんなトップスにも合わせやすいので、クローゼットに1着は欲しいアイテムですね。


裏地つきなので、薄地の生地でも安心して着ることができます。
裏地なしの作り方も説明しているので、
めんどくさがり屋さんやペチコート派の方、生地の厚さなどに合わせて、
お好みで制作するのも可能。
シンプルなデザインは着まわしやすく、
フォーマルにもカジュアルにもコーディネートできるのもうれしい!
いろいろな場所に対応できる優秀パターンです。

 
 
 
   
   
   

Lサイズ
表生地:フランス原産 ピュアリネン【チェリーピンク】
裏生地:60ローンコットン【ストーンベージュ】

トップスパターン:【チャレンジ】No:96 袖スリットTシャツ/36サイズ

 
動くたびに揺れる裾

トップスをインすると、コンパクトにまとまり、バランスよく着ることができます。
トップスを出すと、リラックスしたナチュラルな雰囲気を楽しめます。
パンプスやスニーカーなど、さまざまな足元のアレンジスタイルを試してみるのも◎。

きれいなAラインシルエットを活かして、
コンパクトなトップスと合わせたコーディネートを。
ウエストがスッキリきれいに見えます。

ロングカーディガンやボリュームトップスと合わせてもさまになります。
もちろん、スウェットやTシャツなどと合わせてカジュアルな着こなしもよいですね。

ブラウスなどと同じ生地でつくって、セットアップを楽しむのもおすすめです。
スカートは裏地つきなので、薄い生地でも安心です。

   
   
 

ボタンをつけるときに、ボタン位置をすこし脇線側にすると、
若干ですが、ウエストサイズを小さく調節できます。

   
   
 
 
 
 
 
 
Sサイズ
生地:中薄程度の厚みの布帛
(丈を5cm長くアレンジしています)

トップスパターン:【チャレンジ】No.59 ビッグボートネックTシャツ/36サイズ
モデル身長:163cm
   
   
   
 
【材料のみ】ラップフレアスカート(裏地つき)のキット

『あじさい2号』でつくる
『【材料のみ】ラップフレアスカート(裏地つき)のキット』もご紹介しています。

このキットは、『ラップフレアスカート(裏地つき)』が
1着つくれるキットです。

このパターンで使う生地、副資材が必要な分だけ入っているので無駄がない!
そして、Rick Rack の材料キットは10%OFFとなっております。

無駄なく、賢くソーイングを楽しみたい方におすすめのキットです。


(材料のみのキットなのでパターンは別途ご用意ください)

   
 
Sサイズ
生地:あじさい2号【ブルー】
モデル身長:163cm
 
   
   
Lサイズ
表生地:ベーシックウール【グレー】
裏生地:60ローンコットン【シトロンイエロー】
裏生地:60ローンコットン【シトロンイエロー】
モデル身長:163cm
 
 
 
   
 
   
   
 
Sサイズ
生地:中薄程度の厚みの布帛

トップスパターン:【チャレンジ】No.46 Vネックブラウス【2】/36サイズ
モデル身長:158cm
   
着るシーンで選ぶ生地

コットンやリネンの明るいカラーや小花柄を選べば、カジュアルスタイルに。
ポプリンなど合繊の生地でフォーマルに。

幅広いコーディネートをお楽しみいただけます。

   
   
 
難しいと思いがちなコンシールファスナー

コンシールファスナーか…
縫うの苦手…

そんな声をよく耳にします。

でも大丈夫。
コンシールファスナーを付けるときは、
ミシンの押さえ金をコンシールファスナー用にするとスムーズに縫うことができます。

きれいにファスナーをつけることができるので、ぜひ試してみてくださいね。
   
   
 
   

ウエスト ヒップ スカート丈
S 68 102 72
M 71 105 73.5
L 75 109.5

75

LL 79

114

76.5
 
 
 

Rick Rack スタッフたちがサンプルを試着した感想をご紹介していきます。
腕の長さやバストサイズなど同じ身長でも体型の違いはあるので、
誰もが同じ感覚ではないとは思いますがサイズ選びのひとつの参考にしてみてくださいね。

   

■スタッフ チームRick Rack 部長

わたしは、身長170cm、太ってはいませんが骨太でしっかり肉もついています。
悲しいかな、特に下半身は太めです。
いつもはLサイズを選びます。
背が高いので袖丈や着丈などは少し長くすることが多いです。

今回はLサイズとMサイズを着てみました。

 
   

まずはLサイズ
おなかはペタンコなのでウエストはかなり余裕がありました。
(残念ながら胸もペタンコです。。。)
フレアなので、ヒップも問題ありません。
あれ?もしかして、これならMサイズでいけるかも!
なんてちょっとウキウキしながら次はMサイズにチャレンジ。
ウエストもヒップも問題なく入りました!

ん?
でもなんか、
なんか違うかも。

お尻というか腰が張っているのが強調されているような。。。

   
 
   

フレアなのでヒップがきついということはないのですが、
Lサイズの方がシルエットがきれいなラインになっている気がします。
やはり、Lサイズのお尻にはLサイズのフレアが合っているということですね。

他のスタッフにも見てもらいましたが、「Lサイズの方がいい」という結論でした。

ウエストはボタンの位置を調整すればちょうどいい具合に着れそうです。

身長が170cmなので丈は10cmくらい長くしてもいいかなと思いますが、
ブーツと合わせるなら、パターン通りの長さでもいいかもしれません。
女性らしいきれいなラインのスカートなので、
ちょっとおしゃれしてお出かけしたくなっちゃいました。

きれいな色みのリネンで作りたいなぁと思っています。

   
 
 

『ラップフレアスカート(裏地つき)』はLサイズ。

   
   
   

■スタッフ フルーツポンチ
身長160cm、骨太筋肉質のガッチリ体型です。
肩幅もあり、ももが太めなのが悩みです。
サイズ的にはM寄りなLサイズといったところで普段はトップスはMサイズ、
ボトムスはLサイズを選ぶことが多いです。

今回はMサイズ、Lサイズを試着してみました。

   
まずLサイズを履いてみました。
ウエストはかなりの余裕で、腰でとまるかんじ。
ボタンの位置を変えてウエスト調節をしたくなりました。
フレアはきれいなラインがでていて、スカート丈もちょうど良いです。
   
 
   

次にMサイズ
ウエストはジャストサイズでお尻もすんなり入りますが
腰が張っているせいかフレアが横に広がっているように見えます。
スカート丈もふくらはぎのちょうど真ん中くらいで、
Lサイズよりも太って見えるように感じました。

自分が作るならLサイズでウエストのボタンを調節するのがベストかなぁと思いました。

 
 
 

『ラップフレアスカート(裏地つき)』はLサイズ。

 
 
   

裏地付きの本格派。 早速作ってみました。

コンシールファスナーや裏地があるので手間はかかりますが
その分できあがった時の達成感は十分あります。

普段、ロングスカートはあまり履かないのですがこのスカートは気に入りました。

シルエットがとてもきれい。
前脇にスリットがあるので足さばきも問題なし。

わたしは身長158cm ごくごく普通の日本人体型。
普段はSかMで悩むことが多いです。

今回のこのスカートはSサイズがぴったりでした。
ウエストはボタン位置で調整できるので
ヒップサイズを基準に選ぶと間違いないと思います。

スタッフの試着レポートも下部↓に掲載していますので
サイズ選びの参考にしてみてくださいね。

生地はフレアがきれいに出るように薄手でしなやかな生地を選ぶといいです。
裏地つきなので、薄地タイプでも大丈夫。というか薄地タイプを選ぶといいです。

「今週のRick Rack」の【使ってみました】コーナーで
『ラップフレアスカート(裏地つき)』をつくった工程レポートも記載しています。


   
   

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

『ラップフレアスカート(裏地つき)』を作ってみました。

以前に『着てみました』コーナーでこのスカートを試着し、
いつか作ってみようと思っていたパターン。

 
 

明るいきれいな色みのリネンで作りたいと思っていたのに、
最近なぜか突然、グレーの冬生地のスカートが欲しくなったのです。

そこで今回は『ベーシックウール【グレー】』で作ってみました。

 

裏地は『60ローンコットン【シトロンイエロー】』。

着ているときは裏地は見えないけれど、
裏地にアクセントカラーを使うとテンションが上がります。

ウエスト部分のボタンは赤。
これまた気持ちがアップするポイントです。

 

60ローンコットン【シトロンイエロー】

 

身長が170cmの私はたいてい着丈を長くして作りますが、
この季節、ブーツと合わせて着たいので、長さはパターン通り。

裏地つきのものを作るのも、コンシールファスナーを使うのも初めて。

 

コンシールファスナー

 

ファスナーがきれいにつけられるか心配でしたが、
『コンシールファスナー家庭用ガイド』を使うと、
簡単にきれいに
つけることができました。

使い方も知らなかった私ですが、
簡単にできてびっくりです。

そして、ラップフレアスカートの場合、
ファスナー部分が内側に隠れて見えないのも嬉しいポイントです。

 

コンシールファスナー家庭用ガイド

 

裏地付き、ファスナー付きなので工程は少し多いですが、
私は丸一日集中して作業をしたら無事完成しました。

私が失敗したのは、生地の表と裏。

裁断のときにきちんと印をつけておかなかったので、
あとでわからなくなってしまいました。

基本的なことですが、やっぱり大切ですね。

 
 

そして、ちょっと大変だったのは、
ウール生地にアイロンがきかないことです。

裾を折り返す部分は、細かく待ち針を打ってから縫いました。

私にとっては、いつもより工程の多い大作になりましたが、
思っていた以上にスムーズにでき、
お気に入りのスカートができあがりました。

 
 

やっぱりボタンは赤にしてよかった!
と、仕上がったスカートを見てニンマリしています。

チームRick Rack 部長でした。

 
 
 

Rick Rack のパターン、生地など商品を実際に使ったことがある人から
感想、ご意見をいただきました。

 

■愛媛県 Mさま

ラップフレアスカートです。

裏地つきだし、
苦手なファスナー
しかも、お初なコンシールファスナー!
不安で、なかなか、縫う気になれなかったのです。

 
 
 
 
 

が、ようやく取り掛かってみると
できました!
裁断も入れて6時間くらいで。

ラップになってるところの仕組みが
今ひとつわからなかったのですが
説明書の通りにしていくと
なんだか、形に!
ファスナーも、おさえのおかげで
きれいにつきました。

 

コンシールファスナー 家庭用ガイド

 

スッキリしたウエストまわり
きれいなフレア
ラップ風なので、はだけない
よくできてるなあと。

思ったよりも簡単でした。
でも、印つけが大切ですね!
あと、大きい型紙は、なかなか大変です!

 

リネン、縫いやすかったです。

久しぶりに裏地をつけましたが
いつも、化繊を使ってました。
コットン、いいですね。

そう、ペチパンツとか、ペチコートも
コットンで縫うといいですよね。
型紙出たらうれしいです。

リック楽パンツ?でしたか?

みそのさんがダブルガーゼで作られていたのを
ペチパンツとしてはくこともできるのですよね?

 

【チャレンジ】No.70 Rick楽パンツ(レディース) /
【幅広】極上ダブルガーゼ

 
 
 
 

エッグパンツや、ギャザースカートの下に
はけたらいいかなと。

透け感がなければ
リネンやコットンの下にはかなくてもいいのかな?

買いに行くと、ペチパンツやペチコートって
化繊ばかりなので。


今度は、柄物でも作りたくなりました。
フレアスカートのキット買おうかと
迷ってます!

 

【材料のみ】ラップフレアスカート(裏地つき)のキット

 

ソーイングブームまだまだ終わらず!です。

 

Mさまの作品
ラップフレアスカート