カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > 【チャレンジ】No.06 コーディガン
【チャレンジ】No.06 コーディガン

【チャレンジ】No.06 コーディガン

本体価格:700yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

ニット生地専用パターンです。

※こちらの商品はできあがり商品の販売では
  ありません。
  パターンと簡単な仕様書のセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【36】700 yen
【38】700 yen
【40】700 yen
【42】700 yen
【PA126 リーブルカーディガンテキスト】300 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加


#今シーズン必須アイテム  #簡単
#ニット生地  #着瘦せ効果抜群
#体型カバー◎
#フード  #無地が無難
#大きいポッケ  #お袖くるくる




【基本になるパターン&テキスト】

Pa-126 『リーブルカーディガン』

このパターンには写真付きの詳しいつくり方テキストは付属しません。
簡単な仕様書 + 実物大ワンサイズパターンのセットになっています。

詳しいつくり方はPa-126 『リーブルカーディガン』に沿って説明していますので、お手元にPa-126 『リーブルカーディガン』のテキストをご用意の上、制作してください。

基本パターンのテキストをお持ちでない方はテキストのみを300yenでご購入いただけます。
サイズ選択表の一番下【PA126 リーブルカーディガンテキスト】を選んでご注文ください。


【レディースサイズ】 36=S相当、 38=M相当、 40=L相当、 42=LL相当

ご注文の前にご確認ください!

『チャレンジ』シリーズは『スタンダード』シリーズとは仕様が異なります。
詳しくはこちらをご確認ください。

『チャレンジ』シリーズとは?

   

38サイズ
生地:ふんわりスウェット

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.07 ガウチョパンツ/38サイズ
モデル身長:160cm

 
 
 
 
 
#今シーズン必須アイテム

さっと羽織れる軽いイメージで仕上げたいフードがついた『コーディガン』です。
『リーブルカーディガン』よりも全体的に少し余裕のあるシルエットにしています。
今シーズン流行の長めの着丈ですがお好みに合わせて短くしても◎。

   
   
40サイズ
(ポケットなし、丈を5cm短くアレンジ)
生地:ほんわかニット【グリーン】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.07 ガウチョパンツ/38サイズ
モデル身長:163cm
   
   
   
   
 

#ニット生地

ご紹介している『コーディガン』はニット生地専用のパターンです。
真冬に着るコートのイメージよりも軽めのロングカーディガンに近いシルエットです。

また、大きなポケットと縦長シルエット、少し大きめのフードがついたデザインですが
羽織りもののイメージなので、ボタン&ボタンホールはつけていません。
お好みでボタン&ボタンホールをつけて楽しんでも。

   
   
   
   
40サイズ
(丈を20cm長くアレンジ)
生地:コットン×モダール ミニ裏毛【A】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.14 スーパーストレッチでつくるスキニーパンツ/38サイズ
モデル身長:163cm
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
※動画は生地の色が異なってみえます。
生地の色は動画ではなく写真を参考にしてください。
38サイズ
モデル身長:163cm
 
着用感をチェック

少し肌寒いときにさっと羽織って、
おしゃれな雰囲気になる『【チャレンジ】No.06 コーディガン』。

大きめのフードとちょうどよい着丈と袖丈。
ポケットもアクセントになっていますね。
   
   
40サイズ
生地:RR-C スタンダード天竺【ネイビー】
モデル身長:160cm
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基本テキスト Pa-126 『リーブルカーディガン』

Rick Rack の『リーブルカーディガン』を制作したことがある方でしたら、問題なく制作可能です。

詳しい縫い方手順は『リーブルカーディガン』のテキストに沿って説明しています。
制作前にお手元に『リーブルカーディガン』のテキストを用意しましょう。

基本パターンのテキストをお持ちでない方は、テキストのみを300yenでご購入いただけます。
サイズ選択表↑の一番下の【PA126 リーブルカーディガンテキスト】を選んでご注文ください。

 
 
38サイズ(ボタンとレザーコードを付けてアレンジ)
生地:メルトンフリース【チャコール】
ボタン【G】【大サイズ】【ブラウン】
レザーコード【ブラウン】
 
 
 
 
38サイズ(ボタンとレザーコードを付けてアレンジ)
生地:メルトンフリース【チャコール】
ボタン【G】【大サイズ】【ブラウン】
レザーコード【ブラウン】
モデル身長:163cm
 
 
 
 
 
 
36サイズ
生地:ヨーロッパリネン天竺【マジョリカブルー】

スカートパターン:【フリーレシピ】1時間でできるリブスカート/レディースサイズ
(このレシピのプレゼント期間は終了しました)
モデル身長:163cm
 

電車の中、レストランなど冷房がしっかり効いている場所では、
夏でも長袖が1枚あると便利です。
『ヨーロッパリネン天竺』などすっきりと涼しい薄手ニットでつくっておけば、
長いシーズン着回しが楽しめます。

ベーシックな色は無難ですが、
差し色になるかわいらしい赤『ポピーレッド』も個人的にはとても気になっています。

   
   
36サイズ
生地:ヨーロッパリネン天竺【マジョリカブルー】

トップスパターン:
【チャレンジ】No.05 ギャザーブラウス/36サイズ
モデル身長:163cm
   
   
 
 
 
   

身頃のパーツが大きいので裁断まではたいへんですが、
それが終わってしまえば、ほぼ直線のみの簡単なつくり方になっています。

ジグザグミシンを併用すれば家庭用ミシンでも制作可能です。

   
   
 
38サイズ
生地:RR-C スタンダード天竺【トープ】
モデル身長:160cm
 
つくり方サポートはフリーダイヤルで!

制作途中で分からなくなってしまった場合、
ソーイングスタッフがサポートいたしますのでフリーダイヤルにてお問い合わせください。

お電話の時にはお手元に『リーブルカーディガン』のテキストをご用意ください。

テキストをお持ちでない場合、
説明範囲を超えるためサポートはできませんのであらかじめご了承ください。
   
 

サイズ 66cm(W)幅 140cm幅 160cm幅 170cm幅
36 2m 1.9m 1.7m 1.5m
38 2m 1.9m 1.7m 1.6m

40

2.2m 2m 1.7m 1.7m
42 2.4m 2m 1.9m 1.8m

上記用尺はあくまで参考となります。
生地はそれぞれ縮率(地直しした時にどれくらい縮むか)が異なるので、
縮率によっては参考用尺よりも多く必要になる場合があります。
地直し時の縮みを考慮して、余裕をもった長さを用意すると安心です。

   

・接着テープ(ニット用)1~1.2cm幅 … 約30cm
 (ニット用接着芯でも可)

   
   
この生地なら「シルエットをお約束」

このパターンに最適な生地をご紹介しています。
同じ生地をご使用いただくと画像サンプルと同じシルエットをお約束します。

   
『ふんわりスウェット』  
 
 
『ヨーロッパリネン天竺』


   
   
『RR-C スタンダード天竺』  
   
   
 
   

サイズ 胸囲 肩幅 着丈
36 96 38 93
38 100 39 95
40 104 40 97
42 108 41

99



 
 
 
「ほんわかニット【グリーン】」で
『【チャレンジ】No.06 コーディガン』を作ってみました。
 
 

実は、最初からこのパターンを作りたいわけではありませんでした。

・・・言い方を間違えました。
作るつもりはありませんでした。

いつもは、作りたいパターンがあって、
それから生地を選ぶことが多いんですが

今回はまず、この生地可愛い!と、生地を先に選び
さて、この生地に合うパターンは何だろう、という順番でした。

数あるパターンの中から選抜した
『No.08 コクーンワンピース』と
『No.19 ラウンドカーディガン』の強豪パターン達と接戦の結果、
以前に『今週のRick Rack』で

「フードは小顔効果がある」

というコメントがあったような気がして、
『No.06 コーディガン』に決定しました。

 
 

製作は想像以上に簡単でした。


「肩を縫う」「袖をつける」「袖下を縫う」など
今まで、やったことのある工程がほとんどで
基礎問題の実技テスト受けているような、
そんなパターン。


左右の袖のパーツは、まったく同じようですが、
それぞれ前と後ろがあり、袖山のカーブが微妙に違います。

前後がわからなくならないように
裁断したパーツに書いておくかテープを貼っておいてもいいですね。

 

参考写真

 

フードと身頃をつける工程。

フードの身頃側のカーブと身頃の衿ぐりが
少し合わせずらいですが、合印をしっかりあわせてください。

 

(丈を5cm短くアレンジ)

 
 

前立てはとても長いです。

まずは、
フードの中心のミシン線と、前立ての中心のミシン線を合わせてから
まち針をいっぱい使って、裾の方まで止めます。

あとは、ひたすら直線を無心でロックミシンをかけまくり
ストレス発散しました。
わたしは5cm短くアレンジしたので、
すこしは直線距離が短かったかな?

 

(丈を5cm短くアレンジ)

 
 

最終仕上げの工程。

「袖口の始末」と「前立ての縫い代を押さえる始末」
テキストには「ミシンをかける」と書いてありましたが
確かこの生地、
前回の『今週のRick Rack』で
「ステッチが目立つ」と書いてあったことを思い出し
頑張って手でまつり縫いしました。

『今週のRick Rack』に忠実な私です。。

 

左:ミシン仕上げ
右:手まつり仕上げ

 
 

そして
完成してから気づいた、痛恨のミス。
ポケットをつけ忘れていました。

作るのに夢中ですっかり忘れてました。

でも、後からでもつけれるから大丈夫かな、
と苦笑いしながら、いざ着てみたら
想像以上に軽くて暖かくて可愛くて、満足度MAXです。

秋の紅葉に映える1着になりました。

 
 
 

Rick Rack スタッフたちがサンプルを試着した感想をご紹介していきます。
着丈やゆとりなど同じ身長でも体型の違いはあるので、
誰もが同じ感覚ではないとは思いますがサイズ選びのひとつの参考にしてみてくださいね。

   
   

■スタッフK

身長163cm、胸はぺちゃんこ、いかり肩
上半身はやせ気味、下半身は普通体型のスタッフKです。

普段はSかMサイズ、
ビッグシルエットで着たいときはLサイズも着ます。

秋になり食欲が止まらず、
最近ぷよぷよ感が増えています。


さて、今回はコーディガンの36・38サイズを着てみました。

 
 
 

まずは36サイズ。

このパターンは前をボタンで留めたり、しめたりしないので、
サイズ感が難しい。


36サイズはジャスト。ぴったりサイズ。

袖丈も肩まわりもぴったり、ジャスト。
丈は膝小僧が隠れたり、隠れなかったり…くらい。


ん?

この肩・腕まわりのジャストサイズ感、
羽織りものとしては
もしかしたら小さいのかもしれない…


きれいめなコーディネートや
ノースリーブの上に羽織るならこのサイズがいい。

でも、わたしの普段の服装は
きれいめとは程遠い気がします…

ワイドパンツにブラウスやTシャツ、
刺繍の入ったワンピースなど…

少しゆとりのある服を好んで着ているカジュアル派。


う~~ん、
と悩んだところで

次に38サイズを着てみました。

 
 

袖丈は36サイズより少し長めだけど
わたしはこっちの袖丈の方が好き。

少しだけ手の甲にかかる丈が落ち着きます。

36サイズと比べると
お袖部分に余裕があるので
セーターなど秋冬ものをインナーにしても着られる。


また、36サイズのようにぴったりサイズより

少しゆとりがあるほうが痩せて見える気がしました。


サイズ感って難しい…

サッと羽織るコーディガンだからこそ
ちょうどいい、似合うサイズで着たい。

肩のお肉や骨の感じ、
二の腕のお肉、手の長さ、


このパターンのサイズを選ぶとき
そこが重要な気がしました。

わたしはオールシーズン着られる38サイズを選びます。

 
 

『【チャレンジ】No.06 コーディガン』は38サイズ。

 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

■スタッフH

身長158cm、
50代、一般的な中肉中背。
だけどちょっといかり肩と二の腕のお肉が気になります。
最近、どんどん横に成長中…のスタッフHです。

普段はトップスL(40)サイズ、ボトムスLL(42)サイズを着ています。

今回はオンシーズンな『【チャレンジ】No.06 コーディガン』の
38・40サイズを着てみました。

 
 
 

まず38サイズ。

もう少し全体的にゆとりが欲しい…という感じです。
前が開きすぎな印象。

羽織るように着ればいいのかな、と思いつつも、
袖もあまりゆとりなしで、腕がちょっと太い私にはきついかな。
袖丈はジャスト。
着丈は年齢的に、もう少し短くして着たいです。

 
 
 

つぎに40サイズ。
ゆとりはちょうどよく、太い腕もばっちりです。
袖丈はちょっと長いので、自分に合わせて短くしたい。
やはり着丈は短いのが好みなので、短くアレンジしようと思います。

 
 
 

『【チャレンジ】No.06 コーディガン』は
ゆとりが丁度いい40サイズを選んで、袖丈、着丈を短くアレンジします。

   
 

Rick Rack のパターン、生地など商品を実際に使ったことがある人から
感想、ご意見をいただきました。

   

■北海道 Mさま

いつも楽しく利用しております。

まだまだ暑さが残る時期かと思いますが
札幌は朝晩少しずつ肌寒くなり、
長袖物が必要になってきています。

こちらで買ったパターンも少しずつ増え、
組み合わせのバリエーションも広がっています。

そして手持ちの既製服も含めて、
作るときはいつもトータルコーディネートを念頭に
事前にイラストに描き出してから作り出しています。

秋色にチェンジしてみたので応募しました。
パターンサイズはトップス42
(肩、腕まわりの肉付きの良さと肩を痛めているためのゆとり)、
ボトムス40~42。40代、164cm。



No.06 コーディガン 42サイズを作りました。

 
Mさまの作品
【チャレンジ】No.06 コーディガン/
【チャレンジ】No.13 フレンチブラウス/
【チャレンジ】No.80 ベイカーパンツ
 

スーピマコットンのコーディガンは朝晩の気温対策に。

自分なりのアレンジとしては、フードの縫い合わせを袋縫いにしたり、
フードと身生地を合わせる衿ぐりの部分を肌触りの良さと見栄え、
補強を兼ねてバイアステープでくるんでいます。

また、前立てをぐるっとロック始末して縫い代をたおしたあと、
ステッチをかけています。

   

組み合わせを考えながら作る楽しさや、
新しいパターンを買う時はどれと合わせれば
自分なりに上手くコーディネートできるだろうかと悩むのも楽しいです!

   
   

おすすめアイテム

シルケットポンチ
900yen(税抜)
商品詳細へ
ほんわかニット
700yen(税抜)
商品詳細へ
RR-C 40/スムース
750yen(税抜)
商品詳細へ