カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > ボートネックTシャツ
ボートネックTシャツ

ボートネックTシャツ

本体価格:1,300yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

ニット生地専用パターンです。

※こちらの商品はできあがり商品の販売ではありません。
 パターンと作り方テキストのセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【100】1200 yen
【110】1200 yen
【120】1200 yen
【130】1200 yen
【140】1200 yen
【150】1200 yen
【レディースS】1300 yen
【レディースM】1300 yen
【レディースL】1300 yen
【レディースLL】1300 yen
【レディース3L】1300 yen
【メンズM】1300 yen
【メンズL】1300 yen
【メンズLL】1300 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加


#ボートネック  #Tシャツ
#レディース   #キッズ   #メンズ
#親子おそろい
#双糸天竺ボーダー


   

120サイズ/長袖
生地:双糸天竺ボーダー【H】ブラック×ペールモス
Uくん 7歳1ヶ月 113cm 18kg
  150cm幅
100 0.5m
110 0.5m
120 0.5m
130 0.5m
140 0.5m
150 1m

150cm幅
S 1m
M 1m
L 1.5m
LL 1.5m
3L 1.5m

150cm幅
M 1.5m
L 1.5m
LL 1.5m

パターン制作時の用尺はあくまで参考となります。
生地はそれぞれ縮率(水通しした時にどれくらい縮むか)が異なるので、縮率によっては参考用尺よりも多く必要になる場合があります。
地直し時の縮みを考慮して、余裕をもった長さを用意すると安心です。

   

*接着テープ(ニット用)1~1.2cm幅 …
(ニット用接着芯でも可)
キッズ / 約30cm
レディース / 約30cm
メンズ / 約40cm



[双糸天竺][スムース]など中厚地のニット生地


   
   
 
愛用され続けているのには訳がある

発売以来ロングヒットの1着。
シンプルなデザインの『ボートネックTシャツ』です。

鎖骨に沿ってゆるいカーブを描く衿の形が、
船底の形のように見えることに由来する、
ボートネックタイプのTシャツパターン。

身頃は体にフィットした細身のストレートライン。
衿ぐりが大きく開いたデザインなので、
肩から首元にかけてのラインをすっきり見せることができます。

そのために、衿ぐりにはリブ・スパンやバイアステープ、見返しなどは一切使用せず、
ロックミシン(もしくはジグザグミシン)をかけた生地端をアイロンで折って、
ステッチをかけるだけのシンプルなつくりにしました。

つくり方のテキストでは、きれいなラインをつくるためのちょっとしたポイントなど、
初心者さんでもきちんとつくることができるよう、詳しく説明しています。

   
 

レディースLサイズ/長袖
生地:双糸天竺ボーダー【P】グレー×ピンク

サロペットパターン:【チャレンジ】No.58 サロペット/36サイズ
バッグパターン:シャーリングバッグ/小サイズ
モデル身長:163cm

   
 
  
 
 
 
   
大人から子どもまで

サイズ展開は、レディース、メンズ、キッズがあります。

レディースサイズとキッズサイズは長袖・七分袖の2タイプ、
メンズサイズは長袖タイプが制作できます。

   
   
120サイズ/長袖
生地:双糸天竺ボーダー【H】ブラック×ペールモス
Uくん 7歳1ヶ月 113cm 18kg
   
 
レディースMサイズ/長袖
生地:双糸天竺無地【ブラウン】
モデル身長:163cm
 
 
 
 
 
 
 
レディースMサイズ/七分袖
生地:リネン混のサニーニット【オフホワイト】

サロペットパターン:【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス/38サイズ
モデル身長:158cm
 
細身シルエットでスタイルよく

細身のストレートラインのTシャツなので、
デニム&パンツスタイルやスカートなど、なんにでもコーディネートできます。
上半身がすっきりしているので、全身のスタイルがよく見えます。

わたしは普段Mサイズを選んでいますが、ビッグシルエットでゆったり着たい時には
2サイズアップのLLで制作します。

地直しなしで制作すると最初はかなりビッグシルエットになりますが、
ニット生地はお洗濯の度に少しずつ縮むので
3~4回洗った後は着丈も袖丈もLサイズくらいの大きさで落ち着きます。

身体にぴったり沿った細身シルエットで着たい時にはMサイズ、
地直しなしで楽ちんソーイングを楽しみたい時、
あるいは流行を意識してゆったりカジュアルに着こなしたい時にはLLサイズと
2サイズを使い分けることでソーイングの幅がぐっと広がります。

大きめサイズを選んだ場合、
全体にゆとりができるのでそのまま着丈を長くして
チュニックワンピースとしても楽しんでいます。

 
 
 
 
 
レディースMサイズ/七分袖
生地:中程度の厚みのニット

ボトムスパターン:マキシスカート
モデル身長:163cm
 
しっかりめの天竺で
きちんとしたシルエットを!


このパターンは、ニット生地で制作することを前提にしています。

おすすめの生地は『双糸天竺ボーダー』や『双糸天竺無地』、
『ワッフルニット』などのしっかりめの中厚地の生地。
双糸天竺の生地なら、テンション(生地の伸縮性)も低いので、
初心者さんも安心して縫うことができます。
   
   
メンズLサイズ
生地:中程度の厚みのニット
モデル身長:175cm
   
家庭用ミシンでもOK!

ロックミシンはもちろんですが、
家庭用のミシンでも制作することができます。

また、つくり方テキストで、生地の裁断から完成までを写真入りで詳しく紹介。
これならまったくの初心者さんでも、安心して取り組むことができます。
 
 
 
レディースMサイズ/七分袖
生地:双糸天竺無地【ミッドナイトブルー】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.07 ガウチョパンツ/38サイズ
モデル身長:163cm
 
 
 
   
胸囲 肩幅 着丈
100 60 27 36
110 62 28 38
120 66 30 40
130 70 32 42
140 74 34 44
150 80 36 48

胸囲 肩幅 着丈
S 81 38 59
M 85 39 59
L 89 40 61
LL 93 41 61
3L 97 42 63

胸囲 肩幅 着丈
M 99 45 66
L 104 46 70
LL 109 47 74
 
 
 

Rick Rack スタッフたちがサンプルを試着した感想をご紹介していきます。
着丈やゆとりなど同じ身長でも体型の違いはあるので、
誰もが同じ感覚ではないとは思いますがサイズ選びのひとつの参考にしてみてくださいね。

 
 

■スタッフ おでんくん

こんにちは
スタッフ おでんくんです。

身長157cm、なで肩、はと胸、
ややぽっちゃりとした体型です。

普段はMサイズのトップスを着ています。

今回は『ボートネックTシャツ』を着てみました。

 
 

このボートネックTシャツは細身のデザインと言うことなので、
ゆったりとしたデザインが好きなわたしは、
Lサイズから着てみることに。

ややぴったりと身体にフィットしたシルエットです。

全体的な窮屈感はないのですが、
わたしはバストは大きくないのですがはと胸なので、
ぴったりとしたボートネックTシャツは
鎖骨の下あたりに少し窮屈感を感じます。

バストが大きい方は
胸囲のサイズを基準に選ぶのがよいかもしれません。

袖丈や着丈はちょうどよい長さです。

最近は身幅が大きなビッグシルエットの洋服を着ることが多いので、
ぴったりとしたシルエットは
少し落ち着かない感じがします(^^;

でも上半身がすっきりと見えて、スタイルアップ効果は◎。

 
 

次にLLサイズ。

Lサイズよりもゆとりがあり、
身体にフィットした感じはありません。

肩線は少し大きく、袖丈(長袖)も長いので、
袖丈は2cmくらい短くするのがよさそうです。

ゆとりのあるLLサイズほうが、
わたしにはしっくりくるサイズ感でした。


細身のシルエットが好きな方は普段のサイズ、
ゆとりがあるほうが好きな方は、1~2サイズアップして選ぶとよいと思います。

 
 
 

ボートネックTシャツはLLサイズ。

 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

■スタッフ カト

こんにちは。
身長163cmのスタッフ カトです。

今回は『ボートネックTシャツ』を着てみました。

わたしの体型は上半身と下半身のバランスが悪く、
肩幅は広く四角い。

そして、バストが小さく上半身は薄いのに、
お尻は普通にあります。

この『ボートネックTシャツ』は細身のシルエットが魅力的。

わたしの中での「おしゃれさん」は
『ボートネックTシャツ』を着こなしている人(*´▽`*)

ジャストサイズを見つけて、
わたしも『ボートネックTシャツ』
を着こなしたい。

そんな思いで試着しました。


トップスは肩幅に合わせていつも選ぶので
Mサイズを選ぶことが多いです。
ノースリーブだとSサイズを選びます。

今回は細身ということで、1サイズ大きめのLサイズから。

 
 

全体的にちょうどよい!

気になる肩幅も、肩の付け位置が少しだけ落ちているので
全く気になりません。

ゆとりもあって、着やすいサイズ感です。

うん、このサイズかも。
と思いつつ、Mサイズも着てみました。

 
    

ひとまわり小さくなるイメージで着たのですが、ビックリ!!

Mサイズの方が、
身体のラインが美しく、キレイにみえて、
そして、痩せて見えたのです。

まわりにいるスタッフにも見てもらったところ、
やっぱりMサイズの方がよいとのこと。

サイズでこんなにも印象が変わるとは思いませんでした。

Mサイズもイカリ肩を強調せず、なだらかな肩のライン、
お袖も少し細身になりましたが、
手をグルグル回してもきつくない。

バストからウエストにかけてのラインも
美ラインでした。

Mサイズでいうことなしです。

 
 

わたしのように肩が四角く、
上半身が薄い方はジャストサイズを選ぶのがよいと思います。

全体的に細身のシルエットなので、
わたしと同じような骨格でも、
バストが大きかったり、
二の腕のおにくが気になる方、
ゆったりしたTシャツが好きな方は
1~2サイズアップがおすすめです。


最近のわたしは、『ボックスTシャツ』のような
少しオーバーサイズのTシャツばかり着ているので、
大きめを選びたくなりますが、
『ボートネックTシャツ』は絶対Mサイズを選びます。

 
    
 

ボートネックTシャツはMサイズ。