カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > 【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス
【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス

【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス

本体価格:800yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売では
  ありません。
  パターンと簡単な仕様書のセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【36】800 yen
【38】800 yen
【40】800 yen
【42】800 yen
【PA88 ダブルストラップのワンピーステキスト】300 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加


#きれいなシルエット
#ほどよいフレア感
#ロング丈  #華奢な肩ひも
#すっきりとしたVネック
#フェミニンな印象



【基本になるパターン&テキスト】
Pa-88 『ダブルストラップのワンピース』

このパターンには写真付きの詳しいつくり方テキストは付属しません。
簡単な仕様書 + 実物大ワンサイズパターンのセットになっています。

詳しいつくり方はPa-88 『ダブルストラップのワンピース』に沿って説明していますので、お手元にPa-88 『ダブルストラップのワンピース』のテキストをご用意の上、制作してください。

基本パターンのテキストをお持ちでない方はテキストのみを300yenでご注文いただけます。
サイズ選択表の一番下【PA88 ダブルストラップのワンピーステキスト】を選んでご注文ください。

【レディースサイズ】 36=S相当、 38=M相当、 40=L相当、 42=LL相当

ご注文の前にご確認ください!

『チャレンジ』シリーズは『スタンダード』シリーズとは仕様が異なります。
詳しくはこちらをご確認ください。

『チャレンジ』シリーズとは?

   

38サイズ
生地:にっぽんの魅力色リネン【奈良県 東大寺 大仏さま色】

トップスパターン:ボートネックTシャツ/レディースMサイズ/七分袖
モデル身長:158cm

   
ほどよいフレア感のきれいなシルエット

シンプルなインナーに合わせるだけで、
女性らしいコーディネートが完成するキャミソールドレス。
落ち着いたロング丈、すっきりとしてきれいなシルエットが大人っぽい雰囲気です。

身頃には適度なゆとりがあるので、ボディラインを気にせず着用できます。
縦長シルエットのため、着やせ効果が期待できます。
Vネックになった胸元もすっきり見えるポイントです。
細めの肩ひもが女性らしさをより引き立てます。

ほどよいフレアが上品なスカートのライン。
動くたびに自然に広がる裾が、ふんわりやわらかく揺れ、
立ち姿も歩く姿も美しく優雅です。

すっぽりかぶって着ることができます。
しめつけているところがないので、ストレスフリーな着心地。
リラックス感があり、着ていてとてもらくちんです。

カジュアル過ぎないのに着ていて楽な、すっきりおしゃれに見えるドレス。
力を抜いて女性らしさを楽しめるドレスです。

 
 
 
 
 
ロングシーズン着られる

シンプルなデザインのドレスは、合わせるアイテムを選びません。
Vネックの胸元は、中に合わせるトップスの色や素材により
イメージの変化を楽しめます。

それぞれの季節に合わせたコーディネートで、
ロングシーズン着用することができます。

春夏はやっぱりTシャツやノースリーブとの相性が◎。
デイリーアイテムとして、そしてリゾートなどでも活躍する一着になります。 
足元はサンダルはもちろん、スニーカーでスポーツミックスも素敵です。
涼し気な帽子やバッグなどの小物と一緒に。

秋冬はタートルネックやセーターと重ねるスタイルで。
カーディガンでぬくもりをプラスして、
あたたかい小物を合わせたコーディネートが◎。
フェミニンコーデ、ガーリーコーデなど、レイヤードが楽しめる季節です。

↓画像は『【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス』の上に
『【チャレンジ】No.88 オフタートルプルオーバー』を重ねています。

こんな重ね着もよいですね。

 
 

38サイズ
生地:トリプルウォッシュリネン【チャコール】

トップスパターン:【チャレンジ】No.88 オフタートルプルオーバー/38サイズ
モデル身長:163cm

 
 
 
 
 
 
 

38サイズ
生地:トリプルウォッシュリネン【チャコール】
モデル身長:163cm

   
 
 
 
 
 
 

36サイズ
生地:フランス原産 ピュアリネン【ブラック】
モデル身長:163cm

 
 
 
 
 
 
 
 
基本テキスト Pa-88 『ダブルストラップのワンピース』

Rick Rack の『ダブルストラップのワンピース』を制作したことがある方でしたら、
問題なく制作可能です。

詳しい縫い方手順は『ダブルストラップのワンピース』のテキストに沿って説明しています。
制作前にお手元に『ダブルストラップのワンピース』のテキストを用意しましょう。

基本パターンのテキストをお持ちでない方は、テキストのみを300yenでご注文いただけます。
サイズ選択表↑の一番下の【PA88 ダブルストラップのワンピーステキスト】を選んでご注文ください。

 
 
 
 
 

38サイズ
生地:カラフルブラッシュ【シルクレープ】【ブラウン】
モデル身長:163cm

 
 
 
 
 
 
 
生地選び

「リネン」や『シルクレープ』など薄地~中厚地の布帛生地がおすすめです。

「リネン」の素材感はさらっとしていて、真夏でも快適にお過ごしいただけます。
見ためも清涼感があり、
無地で作ると大人っぽい『【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス』になります。

『シルクレープ』は生地そのものがしなやか。
落ち感がある生地なので、フレアがよりエレガントな印象です。
女性らしい『【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス』にぴったりの素材です。
プリント生地で華やかなイメージの『【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス』になります。

 
 
 

40サイズ
生地:フランス原産 ピュアリネン【マスハナ】

トップスパターン:【チャレンジ】No.41 ノースリーブTシャツ/38サイズ
モデル身長:163cm

 
 
 
縫うときのポイント

縫う距離が長いです。
ミシンで縫っている途中で下糸がなくならないように、
たっぷりボビンに巻いておきましょう。

 
 
 
 
 
つくり方サポート!

制作途中で分からなくなってしまった場合、
ソーイングスタッフがサポートいたしますのでメールにてお問い合わせください。

基本テキスト『ダブルストラップのワンピース』に沿ってご説明するため
お手元に『ダブルストラップのワンピース』のテキストをご用意ください。

テキストをお持ちでない場合、
説明範囲を超えるためサポートはできませんのであらかじめご了承ください。
 
 
    差し込み(※注)
サイズ

108cm幅

125cm幅

130cm幅

140cm幅
36 2.3m 2.2m 1.9m 1.7m
38 2.3m 2.2m 2m 1.8m

40

2.4m 2.3m 2.1m

1.8m

42 2.5m 2.3m 2.1m 2m

(※注)パターンは差し込んで配置した用尺です。
柄に方向性のある生地の場合は用尺が変わります。
*用尺はバイアステープも含む用尺になっています。

また、上記用尺はあくまで参考となります。
生地はそれぞれ縮率(地直しした時にどれくらい縮むか)が異なるので、
縮率によっては参考用尺よりも多く必要になる場合があります。
地直し時の縮みを考慮して、余裕をもった長さを用意すると安心です。

   

・接着テープ(平織り)0.9~1cm幅 … 約1.5m
(布帛用接着芯<薄地>でも可)

【既成のバイアステープを使用する場合】
・バイアステープ 2cm幅くらい … 約2.3m

   
   
この生地なら「シルエットをお約束」

このパターンに最適な生地をご紹介しています。
同じ生地をご使用いただくと画像サンプルと同じシルエットをお約束します。

 
『フランス原産 ピュアリネン』
 
 
『カラフルブラッシュ【シルクレープ】』

   
   
 
   

胸囲 着丈
36 90 122
38 93 124
40 97 126
42 101

128


 
 

Rick Rack スタッフたちがサンプルを試着した感想をご紹介していきます。
着丈やゆとりなど同じ身長でも体型の違いはあるので、
誰もが同じ感覚ではないとは思いますがサイズ選びのひとつの参考にしてみてくださいね。

 

■スタッフ チワックス

スタッフ チワックスです。
身長155cm弱。身長は低めですが、
肩幅も腕回りも腰回りもしっかりしていて
まったく華奢な体型ではないので、
普段は38サイズ(Mサイズ)
もしくは40サイズ(Lサイズ)を着ています。

Newアイテムの
『【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス』を着てみました。

この手のタイプのワンピースは、
わたしのようなズングリムックリした体型にとって
ウエストあたりが最重要ポイントです。

緩めのデザインだと、
体型カバーはできるけど、逆に大きく見えたり、
部屋着感っぽくなったり。。
シュッとしているデザインだと、
常に緊張感をもっておしりのラインを気にしたり
お腹をへこませてないといけなかったり。


さっそく36サイズ。

 

【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス/36サイズ
モデル身長:163cm

 

腰回りがきついだろうな、と思いながら着てみると
ちょうどいいです。
スカート部分が、脇から裾にかけて、ほんのりフレアです。
目の錯覚かもしれませんが、
お腹やらお尻やら、
気になる腰回りをふんわり包み込んでくれていますが
身頃部分は、ガボガボしてないので、
とてもスッキリ見えます。

丈はくるぶしくらい。
スニーカーと合わせて
スポーティーに着てみたいです。


次は38サイズ。
こちらもジャストサイズ。
丈はくるぶしよりちょっと下。
でも、
なんだか少し決め手に欠けるサイズ感。。

最後に40サイズ。

 

【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス/40サイズ
モデル身長:163cm

 

ビビビッときてしまいました。
素敵。

サイズ的には36より確実に大きいはずなのに、
そこが素敵。なんでだろう。

ソーイングスタッフに見てもらったら、あっさり一言。

「フレアの感じがいいんでしょ」

そうなんです!
マーメイドラインっていうんでしょうか。


ほんのりフレアの36や、決め手に欠けた38と比べて
フレア感が抜群です。

 

36や38よりも、
ちょっと分量が多く感じるフレアの感じがとても女性らしく
でも、身幅は36サイズ同様にスッキリしていて
長めのストラップのおかげで大人っぽく
丈も好みのマキシ丈。
サンダルに合わせて着てみたい。

「ワンピース」ではなく
「ドレス」というネーミングがピッタリです。

わたしは40サイズを選びます。

ちなみに、上から着るか、下からはくか、
着る前に悩んでスタッフ カトに相談してみたら
「どっちでもいいんじゃな~い」

そりゃそうか。と思い
上から着て、下から脱いでみました。
よかったです。

 
 
 

【チャレンジ】No.113 キャミソールドレスは40サイズ。

 
------------------------------------------
 

■スタッフ マーガレット

身長162cm、肩幅が広く、
肩から二の腕にかけてたくましいのが悩みのスタッフ マーガレットです。

いつもはトップスは40(L)サイズ、
ボトムスは38(M)サイズを着ています。

今回はキャミソールドレスの38、40サイズを着てみました。


まずは38サイズです。

 

【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス/38サイズ
モデル身長:163cm

 

スカートの方からかぶって着て、腕や肩を通すときに
脇のあたりがきつく、着られないかもと思いましたが
通ってしまえば大丈夫でした。
(これは私の肩幅のせいかもしれません)

そして、丁度良いサイズだと感じました。

胸元のVラインも程良い深さで
着る時にきついと感じた脇も着てしまえば
ゆとりがあるけれどあきすぎず、
腕をあげてもしゃがんでも、
あ、ムリだ…と思うことはありませんでした。

ストンとしたIラインは身体のラインを拾いすぎずに
たて長効果でスリムに見えました。


次は40サイズです。

 

【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス/40サイズ
モデル身長:163cm

 

38サイズより胸囲が4cm広くなった分、
着る時にするっと上半身が通り、着心地は楽だと思いました。

が、鏡で見ると、38サイズの姿を見ているせいか
少し太って見える気がしました。

そして、これは好みの問題だと思いますが、
胸元のVラインの開きがちょっと深いのと
丈の長さが足首近くまであるのが気になりました。


40サイズでもブカブカ過ぎではないのですが、
細く見える38サイズを選びます。

 
 

『【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス』は38サイズ。

 
 
 

こんにちはスタッフ おでんくんです。

今回わたしは
『【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス』を作ってみました。

大人っぽいデザインに上品なフレア、肩ひもの華奢な感じ。

パターンができたら絶対に作りたい!と
試作段階から楽しみにしていたキャミソールドレス。

 
 

サンプルを試着して、
ぴったりサイズで着痩せして見えた38サイズにサイズも決定!

張り感のあるフレアにしたかったので、
『フランス原産 ピュアリネン【グレー】』に生地も決めました。

 

フランス原産 ピュアリネン

 
 

まずは裁断。
前後の身頃が左右のパーツに分かれていて、身頃は4枚。
パターンを地の目に置くと、脇のフレアはもちろんですが、
センターの部分も裾に向かって広がっているのがわかります。

これによって立体的なきれいなフレアがでるんだぁ!
と感心しました。

今回は肩ひものバイアステープも作ってみるので
バイアス布の裁断もします。

身頃をそれぞれ縫い合わせて、いよいよ衿ぐりの始末。

作ったバイアステープをテキストの順番通りに縫っていきます。

いちばんのポイントは、前身ごろのVの部分の始末です。
ここはテキストにきれいに仕上げるコツが書いてあるので、
その通りにやったらきれいにできあがりました。

 
 
次は袖ぐりを始末です。
ここでも注意することがあります。

先に同じキャミソールドレスを作っていたスタッフから、
肩ひもがねじれちゃった!と悲しい悲鳴。
できあがって見てみたら、ねじれていたそうです。

なので、ここは注意しながら
袖ぐりにバイアステープをピンでとめていきます。
片方ぐるっと縫って、二つ折りにする前にねじれていないかもチェック。

無事に袖ぐりの始末を終えました。

あとは脇を縫い合わせて裾の始末をして完成!

思っていたよりも簡単に作ることができました。
 
 

次はプリント柄でもつくりたいな。
サンプルの『カラフルブラッシュ【シルクレープ】』もかわいいし
チェックや花柄もいいかも。
生地によって雰囲気がガラッと変わるので、
色々な生地でつくってみたいと思います。

 

カラフルブラッシュ【シルクレープ】

 
 

【チャレンジ】No.113 キャミソールドレス