カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > 大人のデイリーTシャツ
大人のデイリーTシャツ

大人のデイリーTシャツ

本体価格:1,600yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

ニット生地専用パターンです。


※こちらの商品はできあがり商品の販売ではありません。
 パターンと作り方テキストのセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【レディースS】1600 yen
【レディースM】1600 yen
【レディースL】1600 yen
【レディースLL】1600 yen
【レディース3L】1600 yen
【メンズM】1600 yen
【メンズL】1600 yen
【メンズLL】1600 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加


#最大18通りのデザイン
#衿6タイプ  #袖3タイプ
#力の入らない大人の着こなし
#簡単!  #使える
#デイリーユース
#着回し力無限

 

※タートルネック・長袖 クルーネック(Vネック)・半袖
150cm幅 150cm幅
S 1.5m 1m
M 1.5m 1m
L 1.5m 1m
LL 1.5m 1m
3L 1.5m 1m

※タートルネック・長袖 クルーネック・半袖
150cm幅 150cm幅
M 1.5m 1.5m
L 1.5m 1.5m
LL 1.5m 1.5m

※衿の一番大きいタートルネックでの用尺になっています

   

*接着テープ(ニット用) 1~1.2cm幅 …
レディース /  約30cm
メンズ /  約30cm
(ニット用接着芯でも可)


[スムース][天竺]など薄地~中厚地のニット生地

※タートルネック・ハイネックは必ずテンションが中~高の生地をご使用ください。
テンションの低いニット生地で制作された場合、頭が入らない可能性があります。

   
   
レディースMサイズ/クルーネック 衿仕立て/半袖
生地:RR-C 40/スムース【ネイビー】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.84 エッグパンツ/36サイズ
レシピ:ファーバッグ(布帛でつくるアレンジをしています)
(このレシピのプレゼントは終了いたしました)
モデル身長:163cm
   
最大18通りのデザイン

過去にご紹介していた『大人のTシャツ』から
サイズ・ラインを見直し、衿のバリエーションを加えた
『大人のデイリーTシャツ』。

衿は「クルーネック(衿仕立て・パイピング仕立て)」、
「Vネック(衿仕立て・パイピング仕立て)」、
「タートルネック」、「ハイネック」の6タイプ。

袖は『半袖」、「七分袖」、「長袖」の3タイプがつくれます。

衿と袖の組み合わせで最大18通りのデザインがつくれるので、
オールシーズン楽しめるパターンです。

   
   
 
 
 
 
レディースMサイズ/クルーネック 衿仕立て/半袖
生地:RR-C 40/スムース【ネイビー】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.84 エッグパンツ/36サイズ
アウターパターン: 【チャレンジ】No.31 シャツコート/38サイズ
モデル身長:163cm
   
着こなし自由自在

ベーシックな形のTシャツは1枚でさらりと着たり、
↑画像のように上に羽織りものを着たり、着回し力も◎。

タートルネックだったら、
上からチュニックやワンピースを着てもかわいいですね。

 
 

レディースSサイズ/Vネック 衿仕立て/七分袖
生地:フライス起毛【ターコイズ】

   
   

レディースMサイズ/クルーネック パイピング仕立て/長袖
生地:中程度の厚みの天竺ニット
モデル身長:158cm

   
   

メンズMサイズ/Vネック 衿仕立て/半袖
生地:中程度の厚みのニット
モデル身長:175cm

   
   
リクエストにお応えして

「大人のTシャツ」(販売終了パターン)のメンズサイズは半袖のみだったため、
七分袖・長袖のリクエストを多くいただいておりました。

メンズは厚みや肩幅のある男性の体型もすっきり見えるよう
身頃と肩幅のバランスにこだわったシルエットです。

   
   

 

   
   

メンズMサイズ/クルーネック 衿仕立て/半袖
生地: 中薄程度の厚みのニット
モデル身長:175cm

 
おすすめのニット生地

このパターンは[スムース][フライス]など
テンション(伸縮性)中~高の生地が適しています。
[スウェット][ダンボールニット]など テンションの低い生地は不向きです。

ニット生地専用パターンの場合、同じパターンを使用していても
生地のテンションや厚みによって 着用した時の着心地が変わります。
テンションの高い生地の場合はゆったりめに、
テンションの低い生地の場合はぴったりめに感じます。

   
   

メンズMサイズ/クルーネック 衿仕立て/半袖(着丈を10cm短くアレンジ)
生地:キシリクール スムース【ブラック】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.84 エッグパンツ/38サイズ
モデル身長:163cm

 
 
 
 
 
 
 

レディースSサイズ/タートルネック/長袖
(タートルネック部分出来あがり2.5cm長くアレンジ)
生地:パウダリーリブ【ブラック】

 
首がきれいに見える

タートルネック・ハイネックはやや首から離れています。
少しゆとりがあることで首が細く、きれいに見えます。
 
 

レディースSサイズ/タートルネック/長袖
(タートルネック部分出来あがり2.5cm長くアレンジ)
生地:パウダリーリブ【ブラック】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.78 フィッシュテールスカート/38サイズ モデル身長:163cm

 
 
 
 
 
 
バリエーション

バリエーションがたくさんあるので、
季節ごとにお好きな組み合わせでつくれば、
1年中活躍する便利なパターンです。

   

ハイネック

タートルネック

   

クルーネックやVネックの衿のあきは、
衿仕立てよりもパイピング仕立ての方がやや大きくなります。

クルーネック  パイピング仕立て

クルーネック  衿仕立て

   

すっきりしたVネックの衿もとは小顔効果も。

Vネック  パイピング仕立て

Vネック  衿仕立て

   
   
 

袖は半袖、七分袖、長袖の3種類。
半袖は二の腕が細く見えるようこだわった長さです。

   
   

【大人のTシャツ】(モデル身長:158cm)

【大人のデイリーTシャツ】(モデル身長:158cm)

販売終了となっている『大人のTシャツ』は
すっきりと細めのコンパクトなシルエットになっています。
(メンズはゆとりを入れた一般的な大きさです)

こちらの『大人のデイリーTシャツ』のレディースは、適度なゆとりを入れつつもウエストをすっきりさせた女性らしいラインです。

   
   
 
   

胸囲 肩幅 着丈
S 84 37 60.5
M 88 38 62
L 92 39 63.5
LL 96 40 65
3L 100 41 65
胸囲 肩幅 着丈
M 104 43 68
L 108 44 70
LL 116 46 73
   
 

スタッフNです。
今回はフライス起毛で七分袖の大人のデイリーTシャツをつくりました。

   
形は衿仕立てのVネック。
パーツは前後の身頃と両袖、衿の5パーツ。
 
 
 
 

Vネックの衿ぐりは一番目立つ場所なので、
ゆっくり慎重にテキストに沿って進めます。

 

重要なV部分の印つけは細くキレイに線がかけるチャコライナーペン型がおすすめです。

 
 
 

次のステップ。
身頃と衿を合わせるところは3枚を重ねて縫うのですが、実はちょっと苦手です。

きちんとピンを留めて縫っていたはずなのに一番下の生地を縫い落としてしまいました。
肩の部分で生地がたくさん重なっていたところです。
少しほどいて縫い直しました。

後でソーイングスタッフに縫い落としやすい部分なので、
心配な場合はロックミシンをかける前に
直線ミシンで仮止めをすると失敗がないと教えてもらいました。

 
 
 

ここをクリアすると、後は袖付け、袖下は楽々。
一度試着して、裾の長さを確認したら裾と袖口の始末で完成!!
柔らかくて、肌ざわりがとっても良いお気に入りの一枚が4時間ほどで仕上がりました。
次はスムースニットで半袖を作りたいと思います。(衿の仮止めを忘れずに・・・)

 
 
 
-----------------------------------------------------
 
 

こんにちは。
ソーイング初心者の事務所スタッフKです。

わたしはニットソーイングが大好きで
布帛のものよりニットのものをつくることが多く、
これまでもいろいろなニットで
Tシャツやパンツなどをつくってきました。


ニットソーイングが好きな理由は
ガーーーーーっと縫って、
アイロンをかけて、またガーーーーーっと縫ったら完成する。

そのあっというまにできる手軽さがやみつきになるのです。

今回わたしは『大人のデイリーTシャツ』のタートルネックを作りました。

 
 

『大人のデイリーTシャツ』は半袖と長袖のクルーネックのTシャツは
何枚かつくっていましたが、タートルネックは初めてです。

なぜ、タートルネックにしたかというと
実はわたし、すごく好きなニット生地があって、
どうしてもそれで何かをつくりたかった。

その生地は『パウダリーリブ』。

 
 

少し薄手でなめらかな肌触り、
ちょうどよい感覚で凹凸のあるリブ編み…

ずっと触っていたい生地。

触っていたいということは
着ていても絶対気持ちいいはず!

肌触りのよいこの生地で首まで包まれたい。

そんなふうに思って、早速タートルネックの制作に取り掛かりました。


第一関門はこの生地のテンション(生地の伸縮性)。

パウダリーリブはテンションが高いのですが、戻りがちょっと弱い。
わたしがイメージしてるタートルネックはフィット感のあるもの。

せっかくつくったのにテロテロになったら、いやだ。

わたしは肩幅が広いので
いつも大人のデイリーTシャツは肩幅のサイズを優先し
Mサイズでつくっています。

今回のパウダリーリブはテンションが高いので、
1サイズおとしてSサイズで裁断開始!

 
 

タートル部分は長い方が好みなので、
アレンジで出来あがりが2.5cm長くなるようにしてみました。

少し薄手なので、「わ」にして裁断するとき、
しわが寄らないよう注意して進めます。

はさみを生地の間に入れて切るときにずれやすいので
ゆっくり、丁寧にはさみを動かしました。

 

次の工程、肩にストレッチテープを貼るとき、

わたしが必ず失敗すること。

 
 

それは、アイロンの温度。

わたしはおおざっぱな性格ゆえに、
アイロンをつけるとき、いつも高温にしてしまいます。

高温にしておけば、
きっちりきれいに角が出るだろうという安直な考え…

でもね、接着芯って高温で溶けるんです。

ソーイング上級者の方からみたら当たり前のことなのでしょう。
でも、初心者のわたしはいつもやらかします。

高温で溶けた接着芯を見るといつも悲しい気持ちに…

ぐじゅぐじゅと肩の部分に固まったストレッチテープ。


今回はそのことを思い出し、ちゃんと低~中温で丁寧にあて布をしつつ
慎重にストレッチテープを貼りました。

パウダリーリブはアクリル、ナイロン、アンゴラの入った生地なので、
高温でかけたら生地まで溶けていたかもしれません。

よし、よく思い出した、わたし。

でも、低温くらいでストレッチテープを貼ったので、取れやすいのはたしか。

貼ってすぐは、より取れやすいので、冷めるまで待って、
あまりテープ部分に触らないよう、
すぐに肩の縫い合わせのロックミシンをかけました。

 

ここまでは丁寧に。
そして、ここからがわたしの好きな

ガーーーーーっと縫っていくところ。

 
 

タートル部分をつくり付け、
身頃に袖を付けて、脇を…
一心不乱にせかせかと縫い、順調に進んでいきました。

あとは、袖口と裾の始末をしたら、出来あがり!

 
 

裁断の時間をいれなければ、30分くらいで出来あがりました。

クルーネックのデイリーTシャツを
何枚かつくっていたから、というのもありますが、
慣れればあっという間に完成するのはうれしいですね。

さてさて、さっそく試着。
生地のテンションを考えて、今回は初めて1サイズおとしての制作。どきどき。

じゃじゃ~~~~~ん!
と言いながら試着して、休憩しているスタッフのところへ。

ぴったり~~~~。いいね!
そんな言葉をいただき、一人でプププッとにやける。


自分でも鏡を見て、
ほんとだ、ぴったり、と思うほど既製品のよう。(自画自賛)

最初に思い描いていたイメージと同じ。

フィット感があって、タートルネックも少し長め。
動きやすく、なんてったって肌触りが気持ちよい。

 

今はまだ寒いので、下にヒートテックを着るけれど
春に1枚で着るのもよいな。

お気に入りの1枚ができあがって、
次は同じものを色ちがいでつくる予定。

今回はブラックでつくりましたが、今度はダークカーキでつくって、
黒や白のエッグパンツを合わせたいなと考えています。

みなさんもパウダリーリブでつくるときは
1サイズ小さめでぜひ試してみてくださいね。

 
 
 
-----------------------------------------------------
 
   

こんにちは。
スタッフおでんくんです。

今回は『大人のデイリーTシャツ』を作ってみました。

↑スタッフKの「作ってみました」では、
『大人のデイリーTシャツ』のタートルネックバージョンが書かれていますが、
今回わたしは、クルーネックの半袖バージョンを作ってみました。

 

大人のデイリーTシャツ / クルーネック 衿仕立て

 

この『大人のデイリーTシャツ』は、衿は6タイプ、袖は3タイプと
最大18通りのデザインがつくれるすごいパターンなんです!
まさにこれ1つでオールシーズン対応。
さらにベーシックで年齢フリーなデザインは、
わたしの中でいちばんの最強パターンです。


レディースのパターンはほどよいゆとりで着心地◎なのですが、
すこしだけシェイプされたウエストが美ラインを生み出しています。

 

ジャストサイズできれいに着るなら
レディースサイズがおすすめなのですが、
今回わたしはすこしビッグサイズで
メンズライクに着こなしたいなと思い、
メンズMサイズを10cm短くして作ってみることにしました。
(メンズのパターンはウエストラインがまっすぐです)

 

作ったのは8月、まだまだ暑い日が続いていたので、
接触冷感機能のついた『キシリクールスムース』を選びました。

 

キシリクール スムース

 
 

まずは裁断から。
身頃2枚、袖2枚、衿1枚。
衿の生地は『60/スパンフライス』です。

 

RR-C 60/スパンフライス

 

『キシリクールスムース』は
『RR-C 40/スムーニット』に比べて生地が薄いのですが、
どちらもスムースなので生地端は丸まることはありません。

スタッフKが書いていたように、
アイロンの温度に注意しながら接着テープをつけます。
そこからはロックミシンでガーーーーっと縫っていきます。

 
 

衿はクルーネックの衿仕立てです。
この衿の部分がわたしの苦手なところ。
衿は、身頃の衿ぐりより短いので、合印をしっかりと合わせます。

縫ってから、縫い代が表側にきちゃった!
なんて失敗を何度もしているわたしは、
ピンチでとめる時に裏表もしっかり確認します。

 
 

衿と身頃を合わせたら、衿を上にセットします。
輪っかをのぞくようにして衿を伸ばしながら丁寧に縫っていきます。


衿をつけ終えたら、袖と身頃を縫い合わせ、脇を縫います。
あとは袖と裾の始末をして完成!

 

大人のデイリーTシャツ / キシリクール スムース

 

裁断から2時間かからずに完成しました。

生地を変えて何枚も作りたくなる『大人のデイリーTシャツ』。
これからの季節に七分袖や長袖もおすすめです。