カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > 【チャレンジ】No.125 シンプルフレアスカート
【チャレンジ】No.125 シンプルフレアスカート

【チャレンジ】No.125 シンプルフレアスカート

本体価格:700yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売では
  ありません。
  パターンと簡単な仕様書のセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【36】700 yen
【38】700 yen
【40】700 yen
【42】700 yen
【PA205 タックの入ったスカートテキスト】300 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加


#シンプルなフレアシルエット
#大人スタイル
#後ろウエストゴム仕様でらくちん♡
#オンオフどちらでもOK



【基本になるパターン&テキスト】
Pa-205 『タックの入ったスカート』

このパターンには写真付きの詳しいつくり方テキストは付属しません。
簡単な仕様書 + 実物大ワンサイズパターンのセットになっています。

詳しいつくり方はPa-205 『タックの入ったスカート』に沿って説明していますので、お手元にPa-205 『タックの入ったスカート』のテキストをご用意の上、制作してください。

基本パターンのテキストをお持ちでない方はテキストのみを300yenでご注文いただけます。
サイズ選択表の一番下【PA205 タックの入ったスカートテキスト】を選んでご注文ください。

【レディースサイズ】 36=S相当、 38=M相当、 40=L相当、 42=LL相当

ご注文の前にご確認ください!

『チャレンジ』シリーズは『スタンダード』シリーズとは仕様が異なります。
詳しくはこちらをご確認ください。

『チャレンジ』シリーズとは?

 
40サイズ
生地:ストリングフラワー【インド綿】 【J】

裏地パターン:【チャレンジ】No.127 シンプルフレアスカート【裏地】/40サイズ
モデル身長:163cm
 
きれいなAラインシルエットのロングフレアスカート

きれいなシルエット、はきやすさ抜群のロングフレアスカートです。
歩くと裾がふわりと広がって揺れ、フェミニンでやわらかな雰囲気です。
動くたびに気分も軽やかになります。

前ウエストはベルト。
ゴムが入らないのでお腹まわりがすっきり見えます。

後ろウエストはゴムの仕様。
フィットしながらも窮屈感はありません。
ゴムを伸ばしてそのまますっとはくことができます。
着脱のしやすさもポイントです。

ウエストから腰まわりはすっきり。
腰から裾までふんわりと広がっているので、
お尻や太ももなど、気になるラインが目立ちません。

広がった裾から見える足元は、すっと細く華奢な印象です。

両サイドに脇の縫い目を利用したポケットがついています。
もちろん、ポケットを省略してつくることもできます。

シンプルなデザインで着まわしやすく、
どんなトップスにも合わせやすい1着です。

軽やかな大人スタイル、いろいろなコーディネートが楽しめます。

※裏地専用パターン
『【チャレンジ】No.127 シンプルフレアスカート【裏地】』(別売)を使用すれば
淡い色の生地や薄手の生地でも
『【チャレンジ】No.125 シンプルフレアスカート』が楽しめます。

 
 
 
 
 
 
 
36サイズ
生地:にっぽんの魅力色リネン【大分県 別府温泉 白池地獄色】

トップスパターン:【チャレンジ】No.122 スタンドカラーブラウス/36サイズ
モデル身長:163cm
 
 
 
 
 
38サイズ
生地:スープルコットン【エクリュグレー】

トップスパターン:【チャレンジ】No.123 フレンチTシャツ【2】/40サイズ
モデル身長:163cm
 
 
 
 
 
 
 
36サイズ
生地:スープルコットン【コーラルピンク】

トップスパターン:小さな丸衿ブラウス/Sサイズ
 
カジュアルにもきれいめにも

すっきりシンプルなフレアシルエット。
カジュアルにもきれいめにも着こなせる優秀アイテムです。

『小さな丸衿ブラウス』など、きれいめなシャツとあわせると
メリハリのあるきちんとスタイルが完成します。

『ビッグボートネックTシャツ』などボーダーニットとあわせて
マリンスタイルに仕上げてもステキ。
ゆったりとしたスウェットにあわせて大人なスポーツミックスコーデも◎。

シンプルなトップスを合わせるだけで、
オンにもオフにも着まわせる便利なアイテムです。
色違いでたくさんつくって、大人コーデを楽しんでみてくださいね。
(written by スタッフ フルーツポンチ)

 
 
36サイズ
生地:スープルコットン【コーラルピンク】

トップスパターン:【チャレンジ】No.121 プルパーカー/38サイズ
モデル身長:163cm
 
 
   
おすすめの生地

「コットン」や「リネン」など、薄地~中厚地の布帛生地がおすすめです。

「コットン」ならデイリーに大活躍。
きれいな明るい色にチャレンジするのも◎。

落ち感のある「リネン」は、しなやかなフレア感。
優雅なイメージのスカートになります。

※『【チャレンジ】No.127 シンプルフレアスカート【裏地】』をつける場合
裏地には『60ローンコットン』など薄地の布帛生地がおすすめです。

 
 
 
40サイズ
生地:フランス原産 ピュアリネン【グレー】
モデル身長:163cm
 
基本テキスト Pa-205 『タックの入ったスカート』

Rick Rack の『タックの入ったスカート』を制作したことがある方でしたら、
問題なく制作可能です。

詳しい縫い方手順は『タックの入ったスカート』のテキストに沿って説明しています。
制作前にお手元に『タックの入ったスカート』のテキストを用意しましょう。

基本パターンのテキストをお持ちでない方は、
テキストのみを300yenでご注文いただけます。
サイズ選択表↑の一番下の
【PA205 タックの入ったスカートテキスト】を選んでご注文ください。

 
 
 
   
 
   
 
 
基本テキストに沿ってつくれば、
あっという間に出来あがり!


基本テキストの『タックの入ったスカート』をつくったことがあれば、
すんなり制作できます。
タックをつくる工程がない分、短い時間でできますよ。

作ったことがない方でも、テキストを見ながら進めればむずかしくありません。

ファスナーつけもありません!

後ろウエストのゴムは、
試着をして自分の好みのはき心地になるよう長さを決めてくださいね。

   
 
40サイズ
生地:フランス原産 ピュアリネン【グレー】
裏地パターン:【チャレンジ】No.127 シンプルフレアスカート【裏地】/40サイズ
生地:60ローンコットン【オリーブ】
   
専用裏地パターンもご紹介しています

『【チャレンジ】No.125 シンプルフレアスカート』専用の
裏地パターンもご紹介しています。

裏地をつければ、
透け感を気にすることなく、1枚でさらりと着こなせます。


 
 
 
   
つくり方サポート!

制作途中で分からなくなってしまった場合、
ソーイングスタッフがサポートいたしますのでメールにてお問い合わせください。

基本テキスト『タックの入ったスカート』に沿ってご説明するため
お手元に『タックの入ったスカート』のテキストをご用意ください。

テキストをお持ちでない場合、
説明範囲を超えるためサポートはできませんのであらかじめご了承ください。
   
   
 
   
   
 
   
   
サイズ 105cm幅 110cm幅 125~140cm幅
36 2m 2m 1.9m
38 ★2.1m 2m 1.9m
40 ★2.1m 2m 1.9m
42 ★2.2m ★2.2m 1.9m

※表の★印の用尺は横地の目での参考用尺です。
※生地幅が125cm以上ある場合はすべてのサイズで縦地の目で裁断することができます。
※柄に方向性があるときは横地の目ではつくれません。

上記用尺はあくまで参考です。
生地はそれぞれ縮率(地直しした時にどれくらい縮むか)が異なるので、
縮率によっては参考用尺よりも多く必要になる場合があります。
地直し時の縮みを考慮して、余裕をもった長さを用意すると安心です。

   

・布帛用接着芯(中厚地) 生地幅90cm … 約10cm
・接着テープ(平織り)0.9~1cm幅 … 約30cm
(布帛用接着芯<薄地>でも可)
・ウエスト用ゴム 2.5cm幅くらい … 30~50cm

   
   
この生地なら「シルエットをお約束」

このパターンに最適な生地をご紹介しています。
同じ生地をご使用いただくと画像サンプルと同じシルエットをお約束します。

『スープルコットン』  

       
       
『フランス原産 ピュアリネン』  

       
       
 
   

サイズ

ウエスト

ヒップ スカート丈
36 60~68 118 87
38 65~73 121 89
40 70~78 125 89
42 75~83 129 90


 
 
 

Rick Rack スタッフたちがサンプルを試着した感想をご紹介していきます。
着丈やゆとりなど同じ身長でも体型の違いはあるので、
誰もが同じ感覚ではないとは思いますがサイズ選びのひとつの参考にしてみてくださいね。

 
 

■スタッフ チワックス

身長155cmのスタッフ チワックスです。

普段のボトムスは、丈に合わせると38サイズ、
もしくは36サイズでもちょうどいいくらいですが
ウエスト、ヒップに合わせると、40サイズ相当な体型です。

『【チャレンジ】No.125 シンプルフレアスカート』をはいてみました。

タックもギャザーもないデザインなので、
まっすぐすっきりなシルエットです。

まずは、36サイズから。

 
 

お尻と骨盤のあたりで、
あれ?これ入るかな…
と、一瞬不安になりました。

ウエストが総ゴム仕様ではなく、
後ろベルトのみにゴムが入っているデザインなので、
いつもはいているウエストゴムのスカートと同じようにはこうとすると、
ちょっと危険かも。

ゆっくり、後のゴムを十分伸ばしながら
お尻を通過させました。

通ってしまえば後は問題ありません。

脚やヒップにまとわりつく感じもなく
足さばきも快適です。

裾に向かって広がっているので
体型カバーをしつつ、
きれいなドレープがとても上品。

くるくる回ってみたくなりました。
丈は、くるぶしくらいです。

 
 

次は38サイズ。
やっぱり、お尻の通過にちょっと引っ掛かりましたが
36サイズ同様、着心地はよいです。

全体的なボリュームは、
36サイズより、気持ち大きくなったかな、くらい。
丈も、ちょっとだけ長く感じます。

40サイズもはいてみましたが
これは、身長に対してスカートの面積が大きすぎました。
お母さんの服を借りてきた子どもみたいな印象です。

わたしは36サイズを選びます。

 
 
 

【チャレンジ】No.125 シンプルフレアスカートは36サイズ。

 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

■スタッフ チームRick Rack 部長

身長170cm、
骨盤・肩幅など幅はしっかりしていますが、
胸やお腹など身体は薄めなチームRick Rack の部長です。

今回は、フレアスカートを着てみました。

いつもは40サイズが私の定番です。
ゆったりめのデザインだと38サイズを選ぶこともあります。

まずは40サイズから。

 
    

ん~
このデザインだと、私には横に広がって少し大きく見えます。
骨盤が張っているのが強調されているような。。。
なんだかしっくりきません。

次に38サイズ。
うん。こっちのほうがいいですね!

丈はくるぶしから10cmくらい上。
いつもは丈を長くしますが、
今回はこれくらいが上品に見えていいかなと思います。

38サイズのサンプルはスープルコットンだったので、
少し張りがあります。

 

【チャレンジ】No.125 シンプルフレアスカート / スープルコットン

    

やわらかくて少し張りのあるスープルコットンが
きれいなシルエットを出していますが、
私はもう少しやわらかいピュアリネンなどで作りたいなぁ。

色はクラインブルーとかプルシャンブルーとか、
これからの季節にお出かけしたくなる明るい色がいいなぁ~

あ~、お出かけしたいな~
と、急に気持ちが飛んでしまったチームRick Rack 部長でした。

 
 
 

【チャレンジ】No.125 シンプルフレアスカートは38サイズ。

 
   
 

狛江店スタッフのチワックスです。
『【チャレンジ】No.125 シンプルフレアスカート』を作ってみました。

 
 

この『シンプルフレアスカート』
ギャザー寄せもタックもファスナーもない、
名前の通りシンプルなデザイン。

緩やかな台形のパーツが
前後スカートそれぞれ1枚ずつと、
前後ベルト布のみ。

 

作り方もシンプルです。

さらに私は、ポケットも省略したので、
これ以上ないほどのシンプルさ。

裁断から完成まで、約1時間半で完成しました。

前ベルトには接着芯を貼って張りをもたせ、
後ろベルトだけにゴムが入っているデザイン。

 
 

全体にゴムが入っていないので、
前スカートはまっすぐスッキリ。

スカート部分にほとんど手間がかかっていないので、
ベルト部分はゆっくり丁寧に時間をかけ、
今までで一番キレイにできました。

ベルト布の長辺を半分にして中心線にアイロンをかけ、
さらに片側の生地端を1cm折ってアイロンをかけます。

 
 

このアイロン線がしっかりついていると
後でとてもやりやすく、きれいに仕上がります。

スカート部分と、ベルト布を合わせる工程。

私は、いつもこの配置の時に
ベルト布の表と裏を間違えたり、
上と下がわからなくなってしまうことがあるので、
今回は下記の3点を意識しました。

1.スカートの裏とベルトの表を合わせます。

2.接着芯を貼った前ベルトと前スカート、後ろベルトと後ろスカートを合わせます。
 (幅が狭い方が前スカートです)

3.ベルト布は、しっかりアイロンをかけた1cm側が下です。

間違えないで配置できたら、後はテキストに沿って、
まち針で止めてぐるっと一周ミシンをかけます。

 
 

ベルトを起こす工程。
さきほどつけたしっかりアイロン線が
ここで威力を発揮します。

中心のアイロン線と、1cmのアイロン線を折り直すと、
ミシン線と縫い代をきれいに隠してくれ、
まち針がとめやすいです。

 
 

最後に裾の始末。

完成を目前に気が焦ってしまい、
まち針も打たず、アイロンもかけずに
二つ折りにして直線ミシンをかけてしまいました。

その結果、裾が緩やかにカーブしているところの
折り返し部分が、少し寄れてしまったので
アイロンで、寄れた部分の生地とミシン線を
指で強めに伸ばしながら修正して完成。

ブルーのストライプ生地で作った『シンプルフレアスカート』
さわやかな1着になりました。