カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > 【チャレンジ】No.53 ロングガウン
【チャレンジ】No.53 ロングガウン

【チャレンジ】No.53 ロングガウン

本体価格:700yen(税抜)

加算予定ポイント:なし
ポイント利用:不可

※こちらの商品はできあがり商品の販売では
  ありません。
  パターンと簡単な仕様書のセットになります。

ご希望のサイズを選択してください。

サイズ  
【36】700 yen
【38】700 yen
【40】700 yen
【42】700 yen
【PA108 フリルブラウステキスト】300 yen
 
数量:
お気に入りリストに追加


#Iラインを強調
#スタイルがよく見える
#女性らしい雰囲気
#横のスリットがポイント
#カジュアルコーディネートに




【基本になるパターン&テキスト】
Pa-108 『フリルブラウス』

このパターンには写真付きの詳しいつくり方テキストは付属しません。
簡単な仕様書 + 実物大ワンサイズパターンのセットになっています。

詳しいつくり方はPa-108 『フリルブラウス』に沿って説明していますので、お手元にPa-108 『フリルブラウス』のテキストをご用意の上、制作してください。

今回の基本になるパターンは販売終了ですが、
お持ちでない方はテキストのみを300yenでご注文いただけます。
サイズ選択表の一番下【PA108 フリルブラウステキスト】を選んでご注文ください。

【レディースサイズ】 36=S相当、 38=M相当、 40=L相当、 42=LL相当

ご注文の前にご確認ください!

『チャレンジ』シリーズは『スタンダード』シリーズとは仕様が異なります。
詳しくはこちらをご確認ください。

『チャレンジ』シリーズとは?

   
38サイズ(ウエストのひも、ループなし)
生地:ソフトブルーインディゴ

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.84 エッグパンツ/36サイズ
モデル身長:163cm
   

カジュアルなコーディネートをワンランクアップ!

さっと羽織れて縦長シルエットがつくれる、注目のガウンです。

ニットでつくる『【チャレンジ】No.06 コーディガン』や
『リーブルカーディガン』より薄地の布帛生地でつくれます。

サイドにスリットの入った『【チャレンジ】No.53 ロングガウン』なら
涼しく、爽やかなコーディネートが楽しめます。

シンプルな無地のTシャツとデニムやワイドパンツなどの組合せに、
柄物の生地でつくったガウンを合わせれば、
カジュアルなコーディネートもちょっと洗練された印象に。

胸元のひもを結ぶと、Aラインのワンピースのような雰囲気もつくれます。

薄地のプチフールやシルクレープ、60ローンの生地などがおすすめ。

   
   
 
 
 
 
 
38サイズ
生地:コマリ刺繍 60ローン【ホワイト】

インナーパターン:【チャレンジ】No.41 ノースリーブTシャツ/36サイズ
モデル身長:163cm
   
 

ウエストのひももポイントに。
使わないようであれば、省いても◎。

   
   
   
   
38サイズ
生地:コマリ刺繍【ホワイト】

ワンピースパターン:【チャレンジ】No.52 ノースリーブワンピース【2】/38サイズ
モデル身長:163cm
   
   
 
   
こだわりの細部

動画はシルクレープの落ち感が素敵な仕上がりになっている
『【チャレンジ】No.53 ロングガウン』。
リボンやスリットなど細部にこだわったパターンです。

※動画は生地の色が異なってみえます。
生地の色は動画ではなく写真を参考にしてください。
36サイズ
モデル身長:163cm

   
   
   
36サイズ
生地:カラフルブラッシュ【シルクレープ】【シーブルー】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.36 ストレートパンツ(股上深め)/38サイズ
モデル身長:163cm
   
   
 
基本テキスト Pa-108 『フリルブラウス』

このチャレンジパターンの基本テキストは、
販売終了パターンのPa-108 『フリルブラウス』のテキストです。

Rick Rack の『フリルブラウス』(販売終了パターン)を制作したことがある方でしたら、
問題なく制作可能です。

詳しい縫い方手順は 『フリルブラウス』(販売終了パターン)のテキストに沿って説明しています。
制作前にお手元に 『フリルブラウス』(販売終了パターン)のテキストを用意しましょう。

基本パターンのテキストをお持ちでない方は、↑カートより300yenでご注文いただけます。
サイズ選択表↑の一番下の【PA108 フリルブラウステキスト】を選んでご注文ください。

   
   
   
   
   
38サイズ(ウエストのひも、ループなし)
生地:【細番手】綿×フレンチリネンシャンブレー【ホワイト】

ボトムスパターン:【チャレンジ】No.84 エッグパンツ/38サイズ
モデル身長:163cm
 
 
 
 
 
 
 
38サイズ
生地:薄手の布帛

インナーパターン:【チャレンジ】No.46 Vネックブラウス【2】/38サイズ
バッグパターン:【チャレンジ】No.23 グロッサリートート/大サイズ
モデル身長:163cm
   
つくり方サポートはフリーダイヤルで!

制作途中で分からなくなってしまった場合、
ソーイングスタッフがサポートいたしますのでフリーダイヤルにてお問い合わせください。

お電話の時にはお手元に 『フリルブラウス』(販売終了パターン)のテキストをご用意ください。

テキストをお持ちでない場合、
説明範囲を超えるためサポートはできませんのであらかじめご了承ください。
   
   
 
 
 
   
サイズ 100cm幅 108cm幅 110cm幅 120~125cm幅 130cm幅
36 3m 2.5m 2.5m

2.5m

2.5m
38 3m 2.7m 2.5m 2.5m 2.5m

40

3.3m 2.8m

2.8m

2.6m 2.6m
42 3.4m 3m 2.9m 2.7m 2.6m

上記用尺はあくまで参考となります。
生地はそれぞれ縮率(地直しした時にどれくらい縮むか)が異なるので、
縮率によっては参考用尺よりも多く必要になる場合があります。
地直し時の縮みを考慮して、余裕をもった長さを用意すると安心です。

   



・接着テープ(平織り)0.9~1cm幅 … 1m
(布帛用接着芯<薄地>でも可)


  38サイズ
生地:薄手の布帛

バッグパターン:【チャレンジ】No.34 バケットリュック
/大サイズ
(このパターンは現在販売していません)
   
   
この生地なら「シルエットをお約束」

このパターンに最適な生地をご紹介しています。
同じ生地をご使用いただくと画像サンプルと同じシルエットをお約束します。

『カラフルブラッシュ【シルクレープ】』  

【ブラウン】

   

【シーブルー】

 
 
『ヴィンテージ迷彩ローン【B】』    
 
 
 
『コマリ刺繍 60ローン』    
 
 
 
   

サイズ 胸囲 着丈 裄丈
36 100 114 77.5
38 103 116 79
40 107 118 80.5
42 111 118 82.5


 
   
 

狛江店スタッフのチワックスです。

さて、今回わたしが作ってみたのは
『【チャレンジ】No.53 ロングガウン』です。

 
 

夏の羽織り物にピッタリなパターンでは
『No.51 ショートカーディガン』、
『No.97 ボレロカーディガン』がありますが
どちらもワンピースなどに合わせて着ると、
上品でやわらかい雰囲気のショート丈のシルエットです。

対照的に、この『No.53 ロングガウン』は
ひざ下までの丈と、深く入ったスリットがクールな印象で
パンツと合わせると、甘すぎない女性らしいシルエットになります。

 
 

製作した生地は、
透け感が涼し気な「ソフトブルーインディゴ」と
リネンのシャリっとした肌触りが気持ちの良い
「【細番手】綿×フレンチリネンシャンブレー【ホワイト】」の2着。

 

ソフトブルーインディゴ

 
 

【細番手】綿×フレンチリネンシャンブレー

 

ウエストを紐で結ぶデザインですが、
わたしは紐を省略したので、ループをつける工程もなく
ボタンホールもないデザインなので、細かい作業はありませんでした。

 

慎重に進めたところは
「スリットを作る」工程と
「衿ぐりの始末をする」工程の2箇所です。

まず「スリットを作る」工程で重要ポイントは、
身頃の裁断の時。


前後身頃のパーツをよく見てみると
脇の線は、裾までまっすぐな直線ではなく、
スリット止まりの印から、少しカーブして広がっています。

 
 

これは、
スリットの縫い代は3つ折りで始末するので、脇の縫い代よりも
広い幅の縫い代を作るためです。



このゆるやかなカーブを
「目の錯覚かな」と
勘違いしないように気を付けてください。



勘違いして、まっすぐに裁断してしまうと
スリットの縫い代の幅が狭くなってしまい、
ものすごく細ーい3つ折りしかできないので
注意してください。(体験談)

 

次に「衿ぐりの始末をする」工程。

衿ぐりはバイアステープでくるむ仕様なので、
まず、衿ぐりの生地端にアイロンで「接着テープ」を貼り
その上をバイアステープでくるみます。

この「接着テープ」は、市販の9mm幅のテープを使ってもよいし
薄地の「接着芯」があれば
9mm~1cmくらいの幅に細く切って使ってもよいです。

その時、
ちょっと太くなりすぎてしまうと(1.2mmくらい)、
いざバイアステープでくるんだ時に、
接着芯がバイアステープから
はみ出してしまう
ので
気を付けてください。
(体験談)

 

↑こんな感じにはみ出てしまいます(-_-;)

 

逆に、バイアステープを、
出来上がり幅が18mmのテープメーカーを使って
共布で手作りする場合は、
出来上がり幅が18mmよりも細くなってしまわないように気をつけてください。

「作ってみたコツ」というよりは
「作ってみて失敗したところ」のレポートになってしまいましたが
おかげで、今では
スリットとバイアステープでくるむ仕様は
ばっちりマスターしました。


おすすめの生地は薄めの布帛ですが
秋冬の羽織りものとして
「ベーシックウール」や「ウールガーゼ」なんかも
また違ったシルエットが楽しめるんじゃないかな、と思案中です。

 

バイアステープはどうしよう?スリットは難しいかも?
などなど、悩みどころもありますが、
チャレンジしてみようと思っています。

 

【チャレンジ】No.53 ロングガウン / ソフトブルーインディゴ

 
 

【チャレンジ】No.53 ロングガウン /
【細番手】綿×フレンチリネンシャンブレー