カゴの中は…

選択商品種類数0点

小計金額0yen

お買い物かごを見る
HOME > 今週のRick Rack

今週のRick Rack

 
このページの情報は過去のものです。
新しい「今週のRick Rack」はトップページから。
 
みなさまこんにちは。
今年から新しく『今週のRick Rack』というコーナーをスタートすることになりました。
どうぞよろしくお願い致します。
 
   
 
わたしが一人きりでスタートしたRick Rackも今年で17年。

今ではホームページ制作、商品企画、デザイン、パターン制作、
商品コメント、在庫管理から商品発送、お客さまとの対応などもすべて
それぞれの担当スタッフが担ってくれています。

もうわたしが表舞台に立つことは皆無に等しくなりました。
大勢のスタッフが育ってくれた事を嬉しく思うと同時に、
最近はちょっと寂しさを感じることもあります。

そこで一念発起。今年は新しいコーナーを立ち上げることを決めました。
それが「今週のRick Rack」です。

ヒントになったのは毎週録画して家族でみている「世界の果てまでイッテQ」
http://www.ntv.co.jp/q/

いろんなタレントさんが海外などにロケに行って、
様々なことに挑戦する様子を紹介する情報バラエティー番組です。
ロケの様子だけで十分面白くて楽しめる番組ですが、そこにナレーターが入ったり、
総合司会のウッチャンが入ることで番組はよりパワーアップしています。

あんなイメージで「今週のRick Rack」では
1週間の様子をRick Rackの代表としてわたしがご紹介していこうと思います。

新商品情報やお買い得情報、企画中のパターン紹介、
手づくりのヒントなどなど盛りだくさんのコンテンツを
週替わりでお届けしていく予定です。更新は毎週金曜日。

わたしが毎週日曜のイッテQを楽しみにしているのと同じように、
毎週金曜の「今週のRick Rack」を
みなさまが楽しみにして下さるようになったら嬉しいです。
 
 
Rick Rack 御苑 あきこ
--------------------------------------------------------------------



※↓目次から個々カテゴリにリンクします。

 
--------------------------------------------------------------------

新しいパターン『プランプバッグ』のお披露目です。

 

 

 

企画したスタッフは最初ころりんバッグと命名していて、
しばらくは社内でもみんなころりんバッグと呼んでいたのですが、
正式な商品名にするため調べてみると、 どうやらころりんバッグというのは
すでにこの世に存在しているらしいという情報が集まりました。

そこで急遽新しい名前を考えることになり『プランプバッグ』と命名されました。

「プランプってどんな意味なの?」と尋ねたところ、
命名したスタッフいわく、
Plumpとは英語で肉付きの良い、太り気味の、ぽっちゃりとした、
という意味があるそうです。

女性としてはあまり嬉しくない言葉が並んでますが、
その名の通り、ぽっちゃりとした、ころりんとした可愛らしい形のバッグです。

   
   
 
 
制作途中ではサンプルとしていくつものサイズを制作して
使い勝手のいい大きさはどれなんだろうと悩みました。

最終的には作ったサンプルを全部休憩室に並べてスタッフみんなで人気投票。


当初2サイズセットの予定だったのですが、 小さいサイズも絶対可愛い!
というスタッフが多く、それならばと3サイズセットでの販売が決定しました。

普通3サイズセットなら大・中・小というネーミングなのですが、
今回はすでにパターンが出来あがった後から、
急遽3サイズセットに変更になったため、
大・小・Miniというネーミングになってしまったのはこのためです。

プランプって、覚えにくいし言いにくいのですが
新しい仲間としてどうぞ可愛がってやってください。
   
   
   

このバッグに使ったウール生地は『フラノストレッチチェック』

年始のコカ・コーラのCMで、綾瀬はるかちゃんがこの生地のコートを着てましたね。
https://www.cocacola.jp/gateway/cm/

コートにも一押しだけど、小物にしてもかわいい。

   
   
   
   
  このバッグは接着芯もしくはキルト芯を貼る仕様。
どちらを選ぶかはお好みで。

よりふんわり、ぽっちゃり感を持たせたいならキルト芯がおすすめ。
   
   
   
   
  春夏用につくるならこんな生地も作りやすい。
   
   
   
   
  バッグ口にはマグネットボタンを付けても。

縫いつけタイプのマグネットなら後から付けることもできる。
   
   
   
   

 

キットもあります。

キットなら必要なものがきっちり揃ってて無駄がない。
初めての方におすすめ。
   
   
   
   
   
『さらに大きな水玉ニット』
   
     
こちらも今週初ご紹介ニット生地

大きな水玉がインパクト大です。
水玉の大きさはニベアの青缶くらいあります。


この生地の企画は秋にスタートしてて、
本当ならもっと早く入荷していたはずだったのですが、
どういう理由か分からないのだけど
(工場が混んでいたらしいのだが?うん?それにしても3ヶ月以上?)
まあとにかくこんなに時間がかかってやっと入荷してきました。
     
     
   
     
当初の色だし会議ではいろんな案も出たのですが、シックなこの2色に決定。
どちらも予想通りめっちゃかわいく仕上がって大満足。

水玉が大きいからおとなが着てもバランスいいし、
小さい子が着たらすごくかわいいと思う。
大きな面積のもの、ちょっとふんわりしたワンピースとかロングカーディガンとか
そんなアイテムにしたら仕立て映えしそう。
     
     
   
     
わたしはさっそく『【チャレンジ】No.85 キキワンピース』をつくってみました!
チャレンジパターンは今後ご紹介予定です)

キキワンピースは布帛(ふはく)専用パターンなのでいろいろアレンジ。
     
     
   
     
まずは衿ぐり。
このワンピースはちょっと広めの衿ぐりなので、
前身頃の衿ぐりから上2cmのところにラインを引いて修正。
2cm分、襟ぐりを狭くしました。
ラインを引く時は、生地の輪の部分は90度になるように気をつけて!


ニットなのでスポッと被って着られるから後ろの開きは省略。
今回はポケットも省略しました。
基本形はバイアステープ始末だったけど、
ニットなので衿ぐりは二つ折りにして直線ミシンでたたきました。

今回はパターンそのものには一切手を加えていません。
型紙通り、そのまま使っているのでこのアレンジなら初心者さんでも大丈夫!
     
     
     
     
  暗い色の生地には『アイロンチャコペン』が便利。
     
     
     
     
  肩と衿ぐりにニット用の接着テープを貼って、あとは手順通りに縫うだけ。

『ストレッチテープ』は目立たないよう黒を使用。
     
     
     
裁断から1時間半。あっという間に完成しました!

透け感もなく縫いやすいニットだったけど、
今の時期にこのワンピース1枚はちょっと寒いと思うので
極暖Tシャツをレギンスと共に重ね着してくださいね。
     
   
     
縫い上がった時、ちょうどアトリエにいらした生徒さんがワンピースを見て
「かわいいーーー!どのパターン使ったんですか?
え~アレンジしているんですか?この生地は?わたしも絶対同じの作ります!」
と仰っていました。

パターンアレンジは説明が難しいので、今までご紹介してこなかったのですが
今後は少しずつこんなアレンジもご紹介していきますね。
     
     
     
     
  実際に比べてみたらニベア缶より大きかった!
     
     
     
     
  以前ご紹介していた『おおきな水玉ニット』。

今回のニットはそれよりもっと大きな水玉なので
さらに大きな、というネーミングになりました。
     
     
     
     
  大きなパターンはアイロンでしっかりしわを伸ばしてから裁断する。

Rick Rack のパターンは貼り合わせがないからアイロンがけできますよ。
     
     
     
     
先週ご紹介した『コットンタグ』    
  先週新しくご紹介したタグ類もたくさんご注文頂いてます。

タグ1枚あるだけで手づくりがワンランクアップするから試してみてくださいね。
     
     
細長いタグは周囲全部を縫おうとすると歪んでしまって難しいから、
両サイドだけをちょんちょんと止める感じがいいです。
     
   
     
     
     
     
『コットン×モダール ミニ裏毛』    
新春初売りで大人気でした。
売り切れていたカラーも再入荷しています。

わたしはこれをシーツにしました。
マチを付けてゴムを通しただけ。とっても簡単。
生地幅が広いので継ぎ接ぎも必要なくてスッキリしたシーツになりました。

固いスウェット生地と違い、ふんわり柔らかなニットなので肌触りもいいです。
     
   
     
     
     
こちらも同じように柔らかいタイプのスウェット    
     
   
オートミールスウェット    
     
     
こちらもふんわりタイプ    
     
   
ふんわりスウェット    
   
   
やわらか系スウェットで洋服を作るならこんなアイテム
   
 
リーブルカーディガン
   
 
コーディガン
どちらもリブなしでつくれます。  
   
   
これにもぴったり。  
   
 
ゆるっとTシャツ
   
   
これもかわいいデザインです。  
   
 
ジップアップパーカー
   
   
   
メンズアイテムや男の子のアウトドアウェアに使うなら
しっかりタイプ。
NORTH FACEのパーカーのようにかっちり固めのニット。
   
 
スウェット 無地  
   
   
同色のリブもあります。
   
 
リブ  
   
   
こちらもしっかり系。
   
 
RRオリジナル杢糸シリーズ スウェット
   
   
こちらも同色のリブがあります。
   
 
RRオリジナル杢糸シリーズ リブ  
     
     
     
     
『ランタン ダブルガーゼ』  
個人的に水玉大好きなので、ついつい水玉が多くなるんですが、
わたしはこれで春のブラウス作りたいなと思っています。
     
   
     
     
イメージとしてはこんな感じ。
     
   
バタフライブラウス    
     
     
これもいいかも。    
     
   
ギャザーブラウス  
     
     
これもかわいい。仕立て映えしそう。    
     
   
グラスランド ダブルガーゼ  
     
     
シックに決めるなら無地のダブルガーゼ。    
     
   
極上ダブルガーゼ-和-  
     
     
色見本も用意しています。    
     
   
 
--------------------------------------------------------------------

こちらのコーナーでは現在再生産している商品、
今後、再入荷する商品をご紹介していきます。

納期が遅れることもあるので、予定としてのご紹介です。

納期が早まった場合には、金曜の更新よりも早くご紹介することもあります。

トップページいちばん下の「再入荷しました!」というところに
表示が出ますので、気になるものがある方はそちらをチェックしてください。

       
   

『【ラミネート】
フルーツバスケット柄
コットン【カラフル】』

『ヨーロッパリネン-和-
【濃藍】こいあい』

   
 
--------------------------------------------------------------------

このコーナーでは先週ご注文が多かった「人気もの」をご紹介。
正式なデータに基づいたランキングではなく、商品発送スタッフたちが
肌で感じた感覚を基にお届けします。

「今週、この生地のカット、多かったよね~」
「なんか、急にこのパターンが動き始めたね~」
というような休憩室での「スタッフ生会話」を拾います。


さて先週。

特にご注文が多かったのはファスナー類。

実はこれ、年末くらいからわたしも感じていました。
うわ~ファスナー注文殺到だなと。

ご注文される方は、だいたいが複数本、複数種類、色違いなど。
ファスナーだけでずっしり重いお荷物もちらほらありました。

年末年始のお休みに小物作りされる方が多かったのかなと思います。

 
 
Rick Rackのファスナーはすべてオリジナル。
ミミの長さを2cmにしてYKKさんに特注で作ってもらっています。

一般的に市販されているファスナーのミミは1.5cm。

でもこれだと、ポーチのギリギリのところなどに縫いつけると
ひっくり返す時に引きつれたりするのです。
やってみるとすぐ分かりますよー
     
 

 
 

たった0.5cm長くするだけでそれは簡単に解消できます。

そしてもし、必要ないなら、0.5cmはさみでカットするだけで
一般的なファスナーにすることもできる。

 
 
   
 
ソーイングの世界では大は小を兼ねると一概に言えないこともあるのですが、
これは大が小を兼ねる、まさにそんな感じです。
     
 
 
 

ここからは裏話。

   
   
 
ファスナー類の発送は複数種類、長さ違い、色違い、複数本注文など
とにかく複雑な場合が多く、間違えないように商品を揃えるのに
とても気を使って作業しています。

発送ミスを1件でも減らすため、
ファスナー類はナンバリングして在庫保管しています。


そして届いた時、お客さまも確認しやすいよう、
ナンバリングはあえてそのままの状態でお届けしています。

間違いなくお届けできていたら、
どうぞ手を痛めないようお気をつけてナンバリングを外してご使用くださいね。
 
 
 
 

『リネンreve -レーヴ-(中薄地)』
『リネンsourire -スーリール(中厚地)』

   
 
新春初売りの開運セットに入っていた生地ですが、 お届けしてから使ってみて、
追加でこのリネンだけ単品でご注文されている方が多かったように思います。

薄地タイプより、中薄地中厚地の方が人気です。
やっぱり透け感がないほうが使い勝手がいいのでしょうね。

補充が間に合わないことが多くて、売り切れ表示が出てしまう色もありますが、
用意できたら随時追加していきますので、しばらくお時間くださいね。
 
 
色見本もあります。    
     
   
 
--------------------------------------------------------------------

生地屋ははぎれとの戦い、そう、ほんとにはぎれと戦う毎日なんです。
すべての反物がきれいないい子だったらなにも問題はないんです。

でもね。
いい子の中にも必ずあるんです、ちょっとあれ?って部分が。

カット担当スタッフたちは大きな広いテーブルに反物をごろりんと寝転がして
その「あれっ?」という部分に常に目を光らせています。
ちなみにRick Rack では縦2m×横15mの別注特大テーブルが4台あり、
そのテーブルで生地をカットしています。
15mって相当長いですよ、想像つきますか―


さてここでウチのはぎれちゃん。
傷やらしみを避けてカットした半端サイズのはぎれ。

だいたいこれらはサンプル作りに使われたりするのですが、
使いきれないこともあります。

今後はぎれちゃんのコーナーでは、これらのはぎれをセットにしてご紹介いたします。

はぎれちゃんはその週に出たはぎれをセットにします。
毎日毎日カットする生地は何百種類もあるので、
その週ごとにはぎれちゃんの内容も変わります。
はぎれが対象なのでセットの内容も一つずつすべて違う、 同じセットは2度とない、
一期一会のセットです。

そして「あれ?」という部分が少ない週にはぎれちゃんも少なくなると思います。
数量限定、内容限定のはぎれちゃん。
お気に入りの子が見つかりましたらどうぞお嫁入りさせてください。


はぎれちゃんは来週からご紹介予定です。

 
--------------------------------------------------------------------

Rick Rack の社長目線で自社で販売している商品を主観的に分析するコーナーです。

今週は『おんなの子ショーツ』『キャミソール【下着】』を特集しました。

コーナーの最後には「社長から感謝還元」もご用意しましたので
最後までどうぞお楽しみに。

 
 

『おんなの子ショーツ』『キャミソール【下着】』

 
 

Rick Rack ではベストセラーと呼ばれるパターンがいくつかあるが、
この『おんなの子ショーツ』『キャミソール【下着】』もそれに該当する。

発売は15年以上前。

「わたしが入社した時にはすでにありました。」という熟年スタッフもいて、
正確な発売日はいつだったのか?と、年末の大掃除で慌ただしい事務所の中、
スタッフ総出で昔の資料をひっくり返してみたけど、
当時はまだパターンの種類も少なく、
お客さんも少なかったからテキストもパターンも社内印刷をしていて、
結局、正確な発売日は解明することが出来なかった。

ちょっと残念だけどこれ以上、みんなの大掃除の邪魔をするわけにはいかない。

そんなわけで15年以上前に発売されたパターンなのだか、
未だに大きな修正やデザイン変更もなく、廃番になることもなく、
地味に毎年増刷が繰り返されている。

ここまで長い事、みなさんに支持いただいているのは一体なんでだろうかと
わたしなりに分析してみた。

 
 
 

ひとつはサイズ展開にあると思う。

このパターンはS(90-100) M(110-120) L(130-140)という
3サイズがセットになっている。

子ども服、特に下着となると身長だけを基準にサイズを選ぶのは難しい。
同じ身長でもお腹ぽっこりさんもいれば、スレンダーな体型の子もいるから。

3サイズがセットになっていれば成長に合わせて
作り続けることができるのはもちろんだけど、
そういう体型の違いに合わせてお母さんがカスタマイズして、
いちばん着心地の良い下着を作ることが出来る。

作るサイズに迷ったら、まずはひとつ大きいサイズを作ってみるといい。
もし大きかったらしばらく寝かせておく間に子どもは成長するから。

 
 
 
ゴムの調整ができるのも手づくりならではだ。

遠い昔の話だが、うちの娘も幼稚園児だった頃はお腹ぽっこりさんだったので、
市販のショーツを履くとゴムが食い込んでお腹に跡がつく事があったから
このパターンは大活躍した。

幼稚園のバザーでもこの手づくりショーツキャミは大人気だった。
かわいらしいニット生地でセットアップを作り、
きれいにラッピングした下着セットは一瞬で完売したほど。
 
 

作り方が簡単なのもいい。なによりパーツが少ないから裁断が楽。

わたしはニットのはぎれが出たらひとつのかごにまとめておいて、
ちょっとした空き時間が出来た時に裁断だけをこまめにしていた。
それを1ショーツ1枚のジップロックに入れて保管した。

ミシンを出した時にそれらを一気にまとめて縫いあげた。
テキストとにらめっこしなくても、
何枚も同じものを縫っていると手順も自然に頭に入った。

出来上がったばかりのショーツを嬉しそうに眺める娘の姿はかわいかったなー

 
 
 
 
 

『キャミソール【下着】』は肩ひもを子どもに合わせて調整してあげるといい。
なで肩の子は肩ひもが長いとずり落ちてくることがある。

身頃は前後同型なので前後の区別がつかない。
区別がつかないということはどっちが前でも後ろでもいいんだけど、
どちらかを前と決めるなら胸元に小さなリボンとかボタンなんかを付けてあげもいい。

テキストではゴムを縫いこんで小さなギャザーを寄せて
前後を区別する方法を記載している。

いずれも直接肌に着けるものなので肌触りのよい綿素材がベスト。
縫いやすいのはスムースというニット生地。

スムースはいわゆる両表の滑らかで凹凸のないニットなので
下着類はもちろんTシャツなどにも最適。

小さなものなので、
お手元にはぎれがあればそれを有効活用するにも最適なパターンだ。

 
 

ベストセラーの理由はいくつか思いついた。
忙しい日常だけどこま切れの時間をうまく使って、
愛情を込めた手づくりができるパターン。
結局はこれに尽きるのかなと思う。

 

2018年12月の仕事納めの日に

株式会社Rick Rack
代表取締役 御苑 あきこ

 
 
 
 
 

このニット生地50cmで、Mサイズ、Lサイズならショーツ1枚&キャミ1枚のセットが作れます。

Sサイズは上手に裁断すれば、ショーツがもう1枚とれます。

   
   
   
   
   
 

裁断には『文鎮』がベスト。

まち針だと型紙を痛めます。
最初に2~3個用意しておけばパーツの大きなおとな服の裁断にも対応できます。

   
   
   
   
   
  裁断にはよく切れる『はさみ』を使うといい。

切れないはさみだとわたし達プロが使っても綺麗に裁断することはできません。
   
   
   
   
   

おとこの子にはこちらがおすすめ。

『おんなの子ショーツ』と並んでRick Rackのベストセラー。

   
   
   
   
   
  ソーイング初心者さんならまずはこれで基礎を身につける。

ミシンのそばに1冊あれば迷った時の強い味方になります。
   
   
   
   
 

はじめてのソーイングに必要な道具はここで紹介しています。

最初から全部揃える必要はありません。
少しずつ様子を見て、自分が使いこなせるようになったものを選んでいくといい。

   
 

今回は社長からの感謝還元として今週特集したパターン、
関連商品に限りポイント10倍とさせていただきます。

通常はすべてのパターンがポイント対象外なので、
ご希望の方はこの機会にご注文いただくとお得です。

ポイント10倍期間は次回「今週のRick Rack」更新時までとなります。

   
   
--------------------------------------------------------------------

今週わたしが個人的に気になった商品をピックアップしてご紹介するコーナーです。
   
特に人気があるとか、すごく売れているとか、 そういうわけではないけれど
なんかこれ気になるな、これいいかも!
というものがある時に更新予定です。

気になるものがある時だけの更新なのでお休みになることもあります。

   
   

今週わたしがピックアップしたのは『リネンデニム』

   

この前インスタにこれを上げた途端「いいね!」たくさん頂きました。
インスタ見てくださった方ありがとうございます!


先日スタッフがこれで作ったパンツを履いておりまして。
それがすごく良かったのです。

お洗濯してしわ感が残っている感じといい、色落ち具合といい。

反物で見た時には、特に魅力を感じる生地ではなかったのです。
ふつうのデニムとあんまり変わりないなと思ってたのですが。

     
     
洗うと全然違う表情になります。
こちら。
     
 

 

   
スタッフが履いてたパンツはもっとしわ感が強くて
その感じがナチュラルで良かった。

裾のステッチを白の糸でしてたのも良かったな。
今回着用画像がないのですが、今度お願いして撮影しますね。
   
   
この生地、スカートにしても絶対かわいいと思う。

わたしのイメージはこれ
   

 

   
画像はホワイトデニムだけど、これをリネンデニムにした感じ。

春になったら短めのソックスとスニーカーでコーディネートしたい。
   
   

在庫が少なくてインスタあげた途端、売り切れてしまったので急遽補充しています。
工場に確認したところ、まだしばらくは補充できそうなので安心してくださいね。

   
--------------------------------------------------------------------
商品お届け時に一緒にお送りしていた「わたしのお気に入り」

このお便りではRick Rackスタッフのおすすめパターンを
月替わりでご紹介してきたのですが
「過去のものも見たいです。」というお声をよく頂いておりました。

今回よりこちらのコーナーで過去のものも含めてご紹介していくことにしました。

今週は商品発送部スタッフの「わたしのお気に入り」です。(2016年3月発行)
 
 
今回は発送部スタッフMのおすすめパターンです。

みなさんこんにちは。
わたしは出産のため一度退社したのですが、
子どもの入園をきっかけに再度Rick Rackに復職いたしました。
ソーイングに関しては家庭科の授業で習った程度の全くの素人です。
(注:Rick Rackではソーイングスタッフ以外はほぼみんなソーイング素人です)

そんなわたしのお気に入りパターンは
『マニッシュバッグ【2】』です。
 
   
 
ソーイングスタッフがつくったサンプルをはじめてみて、
何よりも形が気に入りました。

ただ、ファスナーがついているので
ソーイング初心者のわたしにはハードルが高いかも?と少し躊躇してしまいました。

でも仕事中、生地を切りながら
「この生地であのバッグをつくったらかわいいかも」と
バッグのことが頭から離れなくなったので思い切ってつくり始めてみました。
 
テキスト通りに丁寧に進めた結果、想像以上の出来上がりに感激!
すぐにもう1個つくってしまったほどです。

完璧なできあがりなんかではなく縫い目もよろよろと迷っていたり、
とても近くで人に見せられないものですが、
それでも自分の好きな生地を組みわせて自分の手でつくったものが、
生活の中で活躍するのはとても楽しく、愛着ある作品になりました。

【小】サイズでも意外にたくさん入るので、わたしの普段使いにピッタリです。

次はカラフルな生地でもうひとつつくろうかな?と、
新しく入荷してくる生地を見ながら想像を膨らませています。
 
  Mより
 
 
 
『マニッシュバッグ【2】』は発売以来たいへん人気のパターンなので、
つくられたことがある方も多いと思います。


わたしもこのバッグは大好きで今までに生地を変えて5つをつくりました。
(そのうちの4つはお嫁に行きました)

↑のスタッフMもそうですがRick Rackスタッフにもファンは多く、
お揃いバッグを持っている姿をよく見かけます。

このバッグは口部分にファスナーがついているので、
中身が飛び出す心配もなく、肩掛けで楽ちんなところも魅力なのだと思います。
 
 
 
  ファスナーの付け方がちょっと変わっているので、作品だけをみると?と思ってしまいますが、テキスト通りにつくればちゃんと付きますので安心してくださいね。
   
   
   
  ↑画像のようにキルト生地でつくってもいいですし、アウトドア用防水生地を2色使って切り替えてもすてきです。

タグなどでアクセントをつけて、世界でひとつだけのオリジナルをぜひつくってみてください。
 
 
次回はまた別スタッフのおすすめパターンをご紹介予定ですので、
どうぞお楽しみにしてください。
 
--------------------------------------------------------------------
みなさまが作られた作品をコメントと共にご紹介していくコーナーです。

インスタなどSNSの普及により
お客さまの作品集は役割を終えたかなとの判断により
長らくご愛顧いただきましたBBS(お客さまの作品集)
1月末をもちまして終了することとなりました。

今後はこちらのコーナーでみなさまの作品をご紹介していきますので
Rick Rack のパターン、生地で作った作品の画像、コメントをお寄せください。

作品画像の採用は画像の明度、彩度、画質、背景などを基に総合的に判断し
Rick Rack 規定により決定させて頂きます。

作品は随時募集していますので、お気軽にご応募くださいね。
 
 

ご応募頂いた方の中から毎月抽選で10名の方に
ギンガムチェックがかわいいくるみボタン同色10個セット(900円相当)を
プレゼントいたします。
当選者はこちらのコーナーで発表いたします。

   
 
   
プレゼントは郵送でのお届けとなります。

郵便番号、ご住所、お名前(本名)を明記の上、
info@rick-rack.com までご応募ください。
(コーナーに掲載の際にはイニシャル表示にいたします。 例 東京都 Mさま)
   
--------------------------------------------------------------------
みなさまから寄せられたご意見、ご感想などをご紹介していきます。

生地やパターンを使ってみた感想、こんなパターンが欲しいなどのリクエスト、
今週のRick Rack で取り上げて欲しいテーマなどをぜひお寄せください。

お名前を明記の上こちらまで!
info@rick-rack.com 随時受付しています。
(コーナー掲載の際にはイニシャル表示にいたします。)
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Kさまより

rick rack さんで販売している副資材(ジッパーなど)を利用した製作物を、
個人のハンドメイド作品として販売することは可能でしょうか?
生地に関する記述は見つけましたが、
副資材についてがわからなかったので質問しました。
よろしくお願い致します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
Kさま メール頂きありがとうございました!

基本的にRick Rack で販売している副資材
すべて個人のハンドメイド作品として販売していただいて
何も問題はありませんのでご安心くださいね。

タグフロッキーなどもすべて大丈夫です。
     
   
 
生地もすべて商用利用可能です。

Rick Rackのパターンを使用して作った作品の販売もOKです。

その際、Rick Rackのパターンを使用していますと表記頂けたら
それはとっても嬉しいですが、なくてもかまいません。

自分が作ったハンドメイド作品を喜んでくれる方がいるというのは
嬉しいですよね。作家冥利に尽きますね。
これからもぜひすてきな作品を作っていってください。
 
--------------------------------------------------------------------

Rick Rackは小田急線狛江駅から徒歩10分ほどのところに実店舗があります。

以前は1Fの広いスペースを店舗にしていましたが
契約満期に伴い撤退することに。
その後、移転先をいろいろ探していたのですが、
条件が揃うところがなかなか見つからず
現在は配送センター内の3階で仮営業を続けています。

いつかまた何かの縁があって、
良い場所に新しいお店を出せたらいいなと思っていますが
ひとまずは仮店舗でみなさまをお迎えいたします。


狛江店ではソーイングクラスワークショップ、編み物部などの活動もしています。
毎月10日、20日、30日はアウトレットの日となり、お買い得の商品が並びます。

狛江店限定の生地もありますし、
ネットで売り切れた生地(残りが少しになったものなど)が
並ぶこともあります。

お買い物の相談にものりますので、初めての方も安心してご来店くださいね。


今週土曜日26日は通常営業しています。
2月2日土曜日はお休みです。


30日(水)はアウトレットの日です。
掘り出し物を見つけにいらしてください。


31日(木)はあみもの部の活動日。
今回はちょうちょ模様のハンドウォーマーを作ります。
まだ定員に少し余裕があるので、興味のある方、一緒に編みましょう。

ソーイングクラス、ワークショップ、イベント情報など詳しくはこちらからどうぞ。

   
 
--------------------------------------------------------------------

Rick Rack 商品正規取扱店さんの情報をご紹介していく予定です。
イベント情報などもありますので、
お近くの方はまめにチェックしてみてください。

         
         
 
--------------------------------------------------------------------

ソーイングに関するご質問を募集します。
メールでもフリーダイヤルでもOKです。

「こんなこと聞いて大丈夫?」など心配ご無用です。
些細なことでもお気軽にどうぞ!

   
メール:info@rick-rack.com (随時受付)
ソーイングフリーダイヤル:0120-255-124(平日 10:00~17:00)
(コーナー掲載の際にはイニシャル表示にいたします。)
   
--------------------------------------------------------------------

今週はご注文下さった方に商品と一緒に
『やわらか麻デニム チェック』の生地見本をお送りします。

   
   
     
『やわらか麻デニム』の発売は10年ほど前になりますが、
今もなお根強いファンがいて下さるRick Rack オリジナルロングセラー。

厚過ぎず、薄過ぎないちょうど良い厚みの綿麻で、
透け感もないからおとな服にも使える生地です。
入園入学の袋ものにも最適。
     
     
縫いやすいのでミシンに慣れていない方も使いこなせる。
微妙なニュアンスの色展開も魅力のひとつでしょうか。

ちなみにうちのスタッフ間では麻デニムと区別するためやわ麻と呼ばれています。

実際に生地を触って確かめてみてくださいね。

今週ご注文はないけど、やわらか麻デニムの生地見本だけは欲しいという方は
ご自身のご住所(郵便番号必須)、お名前を明記の上、
30円分の切手と返信用封筒に82円の切手を貼ってRick Rackまでお送り下さい。

折り返し今週の生地見本をお送りいたします。

Rick Rack 生地見本係
〒201-0004 東京都狛江市岩戸北3-11-1

2月1日号の生地見本はナチュラルコットンピーチを予定しています。
色はお任せになります。
     
--------------------------------------------------------------------
現在アトリエでは新しいチャレンジパターンを制作中。

すっきりとしたシルエットのドルマンスリーブのTシャツです。
   

 
 
ドルマンスリーブは人気のデザインでして、
今現在もドルマンチュニックドルマンプルオーバー
七分袖のドルマンニット
など 数種類あるのですが、
今回のデザインは今まででいちばんすっきりしたシルエットにしています。
   
   
 
ドルマンチュニック  
   
   
 
ドルマンプルオーバー  
   
   
 
七分袖のドルマンニット  
   
   
すっきりはしてるけど、身頃には余裕を持たせているので
体型を拾わないのもいいですね。

完成まであと少し。
ご紹介までしばらくお時間ください。
   
   
   
他のドルマンスリーブも気になる方。

ホームページトップ 右上にある検索バーに
「ドルマン」と入れるとニット以外の他の種類も見られます。
   
 
 
--------------------------------------------------------------------
 

みなさま最後までお付き合いくださってどうもありがとうございました。
最後にお客さまの声をひとつご紹介します。

   

RickRack様
本日、お品物が届きました。
本当に本当に素敵な生地&バックのキットで大満足です!
お色が同じなので、バックや、クッション、いろんな物が作れますね。
他社のものは、これ、どうしよう・・・というのが必ず入っているのですが・・・
本当に素敵な企画ありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます    山形県 Yさま

   
   
Yさまは新春初売りの開運セットの感想を送ってくださいました。

開運セットの準備は12月半ばから始めていたのですが、
なにしろ数が多いから生地のカットが半端ない!

反物を切っては畳み、切っては畳み・・・延々と作業が続きました。
   


   
   
   
おまけとしてセットにしたワンショルダーバッグバケットトートランチバッグ
それに合わせて作ったので、生地をカットするスタッフ、畳むスタッフ、
セットするスタッフ、確認するスタッフ、と流れ作業。


「届いた時にいちばんきれいに見える順番で生地を重ねよう!」と
最後の包装にもこだわりを持って作りました。
 

 
   
Yさま以外にも開運セットへのご感想は多く頂いたので、
ぜひまた来年の初売りでご紹介できればと思っています。
今回残念ながらご注文出来なかった方、
まだまだ先の話しですが来年をどうぞお楽しみにしてくださいませ。
   
   
   

ついこの前クリスマスだ、お正月だと思っていたのに、もう1月もあとわずか。

この調子だと今年も1年あっという間に終わりそうです。
気を引き締めて!何事も計画的に!
わたしがいちばん苦手とするところですががんばってみたいと思います。
それではみなさんまた来週!